2023年10月1日からインボイス制度が導入されます。

ナゼ、ここでそんな話をと思われるかもしれませんが、こんなアナタには超大問題となります、以下;

個人せどりの転売ビジネス、ウーバーイーツ宅配、赤帽た個人タクシー運転手、建設業での1人親方、フリーランス、個人のパフォーマンス業の全て、もっと多くを行っている個人事業主のアナタには大問題となります。

特に取引先が会社で、そこに請求書出すアナタならインボイス制度の悪だくみからは逃れられません。

ひょっとして、年間1千万円以下の個人は消費税免除となっているのでインボイス制度など無関係と思っているアナタは大間違いなんです。

国は何をどうしても国民(個人)、会社、個人事業主から税金(消費税、所得税など)を完璧に徴収したいんです、確定申告もさせて消費税も所得税も何でも税金を取りたいんです!

そんなインボイス制度をどこよりもカンタンにお伝えしていきますね!

カンタンなのもあり、読み時間2分です。

インボイス制度の登録手続きしないと稼げない個人事業主

会社であれば2023年10月以前にインボイス制度の登録完了させるのでしょうが、個人や個人事業主(免税事業者)で年間1千万円以下のアナタなら登録するかどうか思案中と想像します。※登録=課税事業者になる(消費税払う事業者)

今までは年間1千万円以下の売上だったので消費税払わなくてよかった、支払い免除されていた、得していた、、、

でも国はそんな免税事業者のアナタからも税金を取りたいと何十年も前から狙っていたんです。

従って、今までの免税事業者から課税事業者(個人事業主)への変更手続きしなければアナタはこうなります;

  1. 免税事業者のままなら国から発行される登録番号をもらえない。
  2. 納品書、請求書、領収書に登録番号なければ得意先(会社法人)は仕入税額控除を国から認めてもらえない。
  3. 認めてもらえなければ消費税は経費として処理できない、損をする
  4. 結果、免税事業者のアナタとの取引やめるしかない、、ザンザン!?

これが現実なら、消費税払わなくてOKだった免税事業者(売上1千万年以下)から消費税払う課税事業者(個人事業主)へ変身しなくてはなりません、嫌だとは思いますが!?

国が長く認めてきた免税事業者なのに、消費税払わなくてOKとしてきたのに、ほぼ無理やり「仕事を続けたければ課税事業者(個人事業主)へ変更しろ」、なんです。

もし変更しなければ、国内販売のアマゾンでもヤフーどこでもビジネスができない、食べれなくなる、です!?

もちろん個人取引先がメインのアナタなら、インボイス制度導入されても仕事を続けられるかもしれませんが、インボイス制度登録済の大きな取引先(会社法人)とはサヨナラするしかありません。

そうなら何をどうすれば良いのでしょうか?

次ではインボイス制度(適格請求書発行事業者)の意図、登録番号もらうことで何がどう良い悪い、それら損得含めお伝えします。

2023年10月1日から始まるインボイス制度はこんなヤツ!

インボイス制度(適格請求書発行事業者)、何でこんな難しい漢字が並ぶんでしょうか?

インボイス=納品書、請求書、その程度のモノなのにです。

国は人の経済活動である売買とそれに伴う消費税を何十年間も把握できていませんでした。

把握とは国の消費税徴収が不完全であった、今迄に取漏れていた年間で数千億円やもっとの消費税をなんとしてでもゲットしたい、それもあってのインボイス制度導入です。

しかし、インボイス制度ではこれら状況が予想されるので、今のアナタが免税事業者であっても課税事業者へ移行する必要あると考えます、以下;

アナタが買い手の場合;

仕入税額控除を受ける為に、税務署に申請書を提出、登録されアナタだけの番号(事業者番号)をもらう、そうすればビジネスを続けられます。

同時にアナタが何かを仕入れる先(売り手)も登録番号(事業者番号)を持ってなければ売買成立にはなりません。

アナタが売り手の場合;※記事前半に記載済

インボイス制度に使う登録番号を持っていなければお得意様は仕入れ税額控除を受けられず消費税負担が増える。

結果、登録番号を持つ他業者に仕事を取られてしまう、そうなります。

何か、書いていても国に好き勝手されてしまう、嫌な感じ、、ですよね?

最後に、インボイス制度使わなくても仕入税額控除が認められるケースもありますが、それは古物商など特殊なものであり、一般的には使えないと考えます。

インボイス制度導入目的は強制的な消費税徴収!

2023年10月1日からのインボイス制度導入目的は、個人ビジネスする免税事業者の全てから消費税徴収するシステム、そう考えます。

個人などビジネスが小さい場合、利益率が意外と高くない、その中での消費税10%は利益補てんになってきた、長年に渡りそうだった。

いろんなビジネス形態ある中で、超小規模、個人で年間100万円などの売上、お年寄りのアナログビジネスにはインボイス制度導入できない人達がとても多いと考えます。

そんな人達はインボイス制度の登録番号を保有していない&する気がない、その場合は何がどうなるのかの不安もあります。

例えば、畑で取れた地元特産品を都内の業者が購入する場合、納品書に登録番号がないからとリピートオーダーしてこない、それもあるかもしれません。

そして、せどり、転売ビジネス等々もやられてしまうでしょう!

そんな個人である免税事業者が(=消費税免除される事業者)直ぐに課税事業者(個人事業主)に変身できるはずもありません。※個人の意見

そこで、少し考えました。

消費税を戻してもらう方法をです。

個人事業主の中古品輸出では消費税還付されるのか?

ハッキリ申し上げて、国は小さいビジネスを行う個人や個人事業主などの免税事業者は切り捨てても良い、そう判断した結果がインボイス制度と考えます。※個人の意見

どうして国がそう判断したのかと言えば、個人(免税事業者)は仕事での消費税も所得税も払わない、だから国に貢物をしていない、そう考えたのでしょう、きっと。

国がそう出るなら対抗するしかありません!

今迄通りに国内ビジネスを続ける為にも仕方なくインボイス制度に登録したとしましょう!

ここに免税事業者から課税事業者(個人事業者)になると決断したアナタが居ます。

アナタが課税事業者に変身したのならば!?、毎年の確定申告もして消費税も所得税も払わなくてはなりません、それも少ない売上と利益の中から・・・

だからと言って、そんな利益率高い仕事なんて日本のどこにもありません!

じゃあ、何をどうすれば消費税10%分もの利益が手に入るのでしょうか?

その方法は個人事業主(課税事業者)として登録しeBay等で商品(新品や中古品含む)輸出することです!

それが可能なら輸出商品等々に含まれてる消費税のバックです。※課税事業者限定、個人は除外

もちろん、課税事業者登録すればアマゾン他で国内販売できても、消費税バックや還付はできません。

eBayで個人事業主(課税事業主)として登録するアナタが中古品(新品含む)輸出をすれば商品代金等々に含まれる消費税が1年に1回(若しくは半年に1回)、若しくは1年に2回還付されます。

還付対象になる消費税はこれらです;

  • 仕入れた商品代金に含まれる消費税
  • 商品発送に必要な運賃等々
  • eBayに支払った手数料に含まれる消費税

実は、この制度は輸出還付金と言われ、日本でも1950年代には導入されていました。※私は生まれてない昔なので不明ですが、、

私自身は長く貿易に関わることで輸出還付金=消費税戻し、を理解していましたが、何かどうも怪しい制度、よく考えると論理的な制度とは呼べない、あり得ない制度、マジックなのか、そんな感じがします。

そんな少し怪しい輸出還付金の正体は国が定めた「輸出補助金」なんです。

昔、1ドルが360円の頃、輸出をすれば国が儲かる&潤う、それをもっと加速させたい、その為に作ったとされるのが輸出還付金=消費税戻し=輸出補助金=怪しいお金になります。

あっ、但し、輸出還付金を受けるにはアナタが思案中の「課税事業者=個人事業主」にならなくてはなりません、それが条件です。

つまり、国内と海外販売を同時にすることで、国内は消費税支払うことになっても、海外輸出分からは消費税が戻される、もし海外輸出比率が国内より大きければ儲かる、そうなります。

関連記事とは言えませんが、本日アップの下記もお読みください!

マイナンバーカード促進させる政府の意図とは何なのか?

では、まとめです。

インボイス制度導入でも生き延びる道があった!:まとめ

今回の記事は、せどり、転売ビジネスをしているアナタ向けに書きました。

そんな国の制度に腹が立っても、仕方なくでも課税事業者(個人事業主)になることでアマゾンでも販売ビジネスを続けたいアナタへ書きました。

もう1つは、eBay で個人事業主(課税事業者)として中古品(新品含む)輸出を始めたいアナタにもです。

eBayで海外のお客様(個人)と英語のやり取りあっても翻訳ソフト使えばOK、そして支払い他に何か問題あったとしてもeBayのシステム使えば、サポート受ければやれます、分厚いHow toの関係本も売っているので大丈夫ですよ!

無料輸出システムの中にはebay輸出関係が全て日本語になっている、それがebay輸出システムに連動している、だから簡単に行えるモノもあります。

本日も最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございました。

また、「探しもスリー!」でお会いしましょう!

明日の記事は未定ですが、ガンバリマス!

次回の記事もお楽しみに!