良く聞くお酒関係の単語にはこれら違いがあるんです!

大酒のみはお酒大好きでドンドン飲んでしまう人達!

アルコール中毒は大酒し過ぎで脳のどこかが壊れた危険な状態!

従って、お酒の飲み過ぎであるアルコール中毒は翌日か翌々日には頭痛も吐き気も収まる、病気ではない、そうお考え下さい。

し・か・し、アルコール依存症は完全な病気であり、同病名で入院しても治癒率は低い、もっと正確な表現では一生治癒しない恐ろしい病気、そうなります!

どうして一生治癒しない完治しないかと言えば、多頻度での大量アルコール摂取が脳のどこか奥深くに影響を与えた、脳細胞を少し機能不全にしてしまった、、、。

だ・か・ら薬でも手術でも治りません、治療方法もありません、100%完治などありえません!

もっとシビアな表現なら、アルコール依存症になれば死ぬケースがとても多い、それが実態です。

それよりもっとショックなのは、自身がアルコール依存症と知らないまま亡くなる人も多くある、そのことです。

日本でのアルコール依存症の患者数は推定100万人前後とされ、現在に治療中の患者は5万人以上と推測されています。※公的データは存在していません。

そこにお酒大好き、大酒飲みの予備軍を加えると将来のアルコール依存症患者は何百万人にもなる、です。※私もワインなら2本、ウイスキーならボトル半分以上をストレートで飲めますま日本酒は飲めません、ハイ!

5年程前、アルコール依存症を克服した友人から記事書いて欲しいと400字詰め原稿用紙100枚以上を手渡されました。

一時期、私の違うサイトに同記事アップしましたが、あまりにも内容がシリアス過ぎて不人気でした。

更に、当時の私の文章レベル&表現では、その怖さを100%伝えられていないとも考え、再アップしない期間が数年にも及んでしまいました。

今回、コロナ含め厳しい世の中もあり酒に走る、独り飲み過ぎる、そして大酒のみに進行中のアナタに知ってもらいたい、そう考え直し、再度アップさせて頂きます。

但し、作者の詳細な心理の動き、あり得ないほど危険な飲酒表現等は除外しました!

まさに危険が危ない、だからの理由で!

今回はオリジナル40,000字以上だった内容を、ギュウット1/5、約10,000文字程度にまとめたモノを読んで頂きます。

私と友人の希望は、今がアルコール過多にある、酒におぼれ依存しそうなアナタを助けたい、です!

では、読み時間5分がスタートです!

人間はどんなことにも依存症になり易い生き物だった!

今回はアルコール依存症を書きますが、薬、タバコ(ニコチン)、ゲーム、スマホ、公営ギャンブル(競馬、競輪、競艇)、パチンコやスロット、もっと多くの依存症があります。

海外に行けば私の大好きなブラック・ジャック他もありますが、話が飛ぶのでこの辺で。※大阪万博が終了すれば公営ギャンブル施設運営となるのでBJ(ブラックジャック)でどれだけ勝てたか自慢記事アップします。

もし、ご興味あれば株とギャンブルを書いた記事も参考にされて下さい。

株式投資で98%勝てない本当の理由とは何か? 勝てないまま終わる原因を解説!

話を戻します。

そんな中で命を落とす可能性大なのがアルコールと薬(ドラッグ)、そしてタバコもあります。

行きつけのバー含め飲食店経営の友人がアルコール依存症だった、誰も知らないとこで尋常でない飲酒行動する人だった、それが分かったのは数年前ででした、15年近い付き合いにあっても。

飲酒で気が狂いそう&死にそう(自殺を試みたこと含む)になっても、毎月お酒に100万円以上を使っていた、寝ている時以外はお酒を飲み続けるしかなかった、そんな自分をどうしても止められなかった・・・

それを聞いた時の私は「信じられない、あり得ない」、それしか言葉が見つかりませんでした。

そうなんです!

これ以上飲んではダメだ、死ぬかもしれない

それを頭では分かっていてもお酒を止められない、医者に何をどう言われても止められない、だからこそアルコール依存症は重大な病気、死にもつながる病気の1つなんです。

治療法や社会復帰どうだったかお伝えする前に、アルコール依存症がどれほど悲惨な病気なのか、どんな症状に襲われるのか、それら知って下さい。

何がどうあればアルコール依存症と断定できるのか?

アルコール依存症になる原因は、何か悩みやストレス解消したい、だからお酒に走る、それが一番多いのかもしれません。

友人はバー経営者もあり、日常的に上記にカクテル味見を何百回もする毎日だったから、、、それもあるでしょう。

理由はどうあれ、彼はこんなヒドイ状態でした、二十代後半頃から徐々に。

  • ほぼ毎日、浴びる様に酒を飲んでいた、
  • ワイン10本なんて楽勝、
  • ウイスキーストレートで何本ゴクゴク飲んでも酔わない、

そんなお酒の風呂に入れる様な酒量なのに酔わない&酔えないのがアルコール依存症なんです。

仕方なく酒切では近所のコンビニでもっと強くて酔えそうな酒を何十本と買い込んでも数日で無くなってしまい、家は空き瓶&缶だらけで足場のない状態だったとか。

それを長く続けていると、やがて近所のコンビニも酒屋もどこも酒を売ってくれなくなる、怪しい人、変な人、危険や人、きっと思われたのでしょうか?

仕方なく少し遠くまで酒を買いに行っても、やがて顔を覚えられてしまい同じ状況に、、、

最後は人を使って毎日大量の酒を買ってもらえても、アルコール依存症(当時は病名不明)はもっとヒドクなっていきました。

もう、お分かりのアナタが居らっしゃるかもしれません。

脳のどこかが強く欲する酒を絶えず飲み続けなければ、自分の気が狂ってしまう、壊れてしまう、ひょっとした死んでしまうかもしれない、そんな恐怖の状況にあった友人でした。

しかし、、、

お酒を飲む量をいくら増やしても、強いお酒を何十リットル、何百リットル飲もうとも酔えない!

脳が強く欲しているお酒を指示されるがままに飲んでいるのに酔えない恐怖が襲ってくる!

それはきっと気が狂うほどの経験であったのは容易に想像できます。

お分かりでしょうか?

だ・か・ら・のアルコール依存症なんです、死ぬ程の病気なんです。

  • 自分の意志とは思えない脳の命令で仕方なく酒を飲み続けても酔えない、
  • いくら酒を飲んでも脳が満足しない、
  • 死の恐怖を抱えながらも同じ行為を再現なく繰り返すしかない、

それは本当の恐怖以外の何ものでもありません。

彼はその恐怖から逃れる為に;

  • 部屋の壁を殴り、
  • 家の全てを壊し、
  • ベランダから飛び降り自殺しようとする、
  • でも冷静な脳がそれを阻止する&許さない、

その繰り返しの日々が何年も続いたそうです。

そんな彼でも、自身がアルコール依存症だと知ったのはそれから数年も経った頃でした。

アルコール依存症が精神科担当なのはナゼに?

友人にも私にも、そして記事お読みのアナタにも意外なことは、アルコール依存症は内科ではなく精神科医の分野だった、それです。

詳細ふくめ次の次の記事でお伝えしますので、まずはお読みください;

友人が酒の飲み過ぎと思い、ヒドイ体調不良で一般内科を受診してもγ(ガンマ)GTP数値が一般人の10倍以上も高い(数値500以上)と言われただけ、そしてお酒はホドホドにする様に、どこの病院に行っても同じ診断しかされなかったとか。

そんな彼が受診で願っていたのは「アナタの体は壊れそうにになっている、今直ぐに入院して治療しないと死ぬかもしれない」、そう診断されることを期待していたんです、本当は。

しかし、どこの有名医院で診てもらっても「決まりきった同じ様な診断でしかなかった」、、

それをとても不安に考えた彼は調べて見ました、自分の今を症状をネットで。

そこで見つけた自分に酷似した症状が「アルコール依存症」、それでした。

酒が原因でのヒドイ体調不良としか考えていなかった自分の数年間だったのに、その正体がなんとアルコール依存症だったとは、、友人はネットで見つけた自分と酷似した症状にとても驚いたそうです。

そんなネットにはアルコール依存症は治癒しない完治しない病気とあった、それは誰であってもショックな言葉でしかありません。

友人は死にたくなくても今が苦しすぎる、できれば脳の指示通りに酒を飲むことで酔って死ねれば楽になるんだろう、そうなら楽になりたい、、がいつも気持ちにありました。

それもあってのあり得ない程の大量飲酒だった、そのことが分かります。

アルコール依存症は昔から完治しない病気だった!

脳が強く何かを感じる、不定期&定期的にでも継続して同じ強い快感を与えられ続けると、それを覚える&忘れなくなる、脳はそうある状態が普通だと勘違いしてしまう、だからのアルコール依存症となります。

従って、絶えず発信される脳からの強い「アルコールを飲め」、その命令には逆らえない、逆らおうとすれば死ぬ程のショックや不安を与えられる。

脳からは絶えず「アルコールを飲め」、その命令が発せられ続け、やがて従うしかなくなる自分、それを死ぬまで命令され続けられるであろう自分がここにある、それは恐怖以外の何モノでもありません。

私は友人からの原稿を受け取り、3回、4回と40,000文字の原稿を読みました!

彼が何年間も死ぬ想いでいた、長く絶え間ない脳からの命令に逆らえなかった、脳からの脅し透かしの上手な!?コントロールには逆らえず自殺することさえ許されなかった、それら恐怖を感じずにはいられなかった、それを初めて理解した私でした。

友人はそれでも、今にアルコール依存症と言う病名が分かった以上、専門医を有名な専門医を片っ端から受診する、仕事を半年、1年と休んでも、例え病気が完治しないとしても、今とこれから生きる為の行動を開始しました。※友人が経営す数店舗を社員に任せる、そうしました

アルコール依存症で入院する精神科と専門病院とは?

全国でも少ない精神科医で尚且つアルコール依存症患者が入院生活できる病院は多くありません、とても少ない、です。

そんな専門病院では、お酒が切れて強い症状が現れる患者は鉄格子の中に、必要あれば拘束帯で縛られる等あります。

それら症状が落ち着けば改善されれば一般病棟に移され、規則正しい入院生活を送る、そうなります。

毎日のスケジュールは、専門医による検診、食事、運動、それらあってもほぼ自由に過ごせる入院生活、それをアルコール依存症の症状が落ち着くまで、収まるまで坦々と続けるしかありません、半年でも1年でも2年でも。

じゃあ、投薬含め専門的な治療はどうなっているのか?

アナタそう思うかもしれませんね?

しかし、アルコール依存症は脳の奥深くにあるどこかがプログラム変更しただけのことであり、それに処方できる薬は何もありません。

アルコール依存症に関わるであろう脳の奥深くを特定し治療する薬は世界のでこでも開発されていません、2024年の今でも。

これは個人の意見ですが、アルコール依存症の関係する脳の特定部分とは、マリファナやコカインを吸って脳のどこかが強い快感や特殊な感覚ゲットするのと酷似ている、それと同じ場所ではないのか、そう感じてしまいます。※個人の意見

違法ドラッグのそれら吸って得られた快感を脳は忘れていない、またいつかどこかで吸う機会あれば脳が即時に反応する、脳が同快感を思い出させる、それです。

そうやって脳が違法ドラッグの快感を覚えている&反応するのはアルコール依存症のそれに酷似している、その論理か原理にならないでしょうか?

話はスキップしてしまいましたが、アルコール依存症には特効薬の何も存在しない理由は、脳のある部分だけがアルコール大好きしている、だからです。

し・か・し、見えないその部分には一切の手出しができません。

だ・か・ら・完治しなくても症状が落ち着く迄待つしかない、いつかお酒を求めないであろう自分にする為のトレーニングを行い、専門医指導を受け続けるしかありません。

そうなら、精神科での入院では何をどうしてアルコール依存症を治療するのでしょうか?

入院中の投薬ゼロでも退院後の生き方で治療するしかない!

友人が過ごした1年近くの入院生活はこれらでした。

自由時間に本を読んだり、

患者同士でお互いを語り合ったり、

散歩やスポーツに興じたり、

病院経由で農業ヘルプなどのボランティアに参加したり、

それらすることで、お酒との距離を遠ざけてきたお酒以外の何かに興味を持てる自分お酒が無くてもアレコレできる自分を模索していたそうなります。

もちろん、専門医からの診断&アドバイスもありますが、普通生活に問題ないレベルとなったなら、退院を早めるも長くするのもアナタ次第となります。

退院近くなれば先生からの指導もアドバイスもあるでしょうが、退院後のアナタが余程の強い決意でお酒止めることができなければ、再入院若しくは死ぬ、それしかありません。

悲しいことではありますが、アルコール依存症で何年も入院している人、入退院を長く繰り返している人、退院後の飲酒で亡くなる人、本当に様々であります。

アルコール依存症の完治はなくてもナントか退院できた、でもそれからが本番なんです。

退院してもお酒なしで生き続けなければなりません。

「脳のどこかでどんなにお酒を持ってこい」、そう強く24時間命令し続けてもです。

脳が強く要求し続けるアルコールを摂らない、それに対峙するにはアナタが一人二役を演じる孤独バトルを制するしかありません、真面目に命を賭けたバトルを一人二役でするんです。

でも&しかし、現実は退院しても多くの元患者がバトルに負けて飲酒開始、そして終わっているのが現状なんです。

一体、何をどうすれば脳から発せられる「酒を飲め」、その命令を無視しながらバトルに勝ち生き残れるんでしょうか⁉⁉

退院し自宅に戻ってからが本当の酒との戦いになる!

退院して自宅に戻れば、地元を歩けば酒のロゴが、看板が目について仕方ありません。

それは脳がずうっと酒を求めている、だから歩いているだけで酒の看板が目に付いて仕方がない。

嫌、「早く酒を飲め!」、脳がそう命令しているのに違いない。

歩いているだけで酒の香りがする店もある、缶ビール立ち飲みしている人達もたもいる。

腹が減って飯屋に入っても、調理酒等を一切を使ってなさそうなメニューを選ぶしかない、そして店員に調理酒使ってないかを確認する、食べる、、。

でも気のせいなのだろうか? 

ほんの1㎜グラムでも酒の成分を感じてしまう自分がいる。

退院しても、これから一生に渡り酒の恐怖と対峙していかなくてはならない、絶え間なく発せられる脳からの酒を飲めの要求を思うと死ぬ程の不安に襲われる自分がある。

外食地中心の自分には仕方ないことであっても、どこの店のどのメニューを頼む際でも「お酒は使われていませんか?」、そう尋ねるしかない。

それを店員に繰り返し尋ねる自分、それをこれから一生続けるしかない自分がある。

先日などは、ハイキングで山に登り、途中の茶屋にある冷えた甘酒(ノンアルコール)を少しだけ口にしただけで気分が悪くなった、景色も少し回って見える、仕方なく座り込む自分があった。

アルコール成分を完全に除去してあるハズの甘酒でもこうなので、アルコールでフラッペした料理など食べれるハズもない、危険スギマス。

でも、それこそがアルコール依存症の後遺症なんです。

後遺症とする前に、アルコール依存症の治癒率0%、これからも一生に渡り付き合わなくてはならない完治しない病気、それがアルコール依存症なんです。

そんな自分がこれから何を思い、何に生きがい感じながら進めるのかと言えば、私を励まし応援してくれた人達に感謝し続ける、それしかありません。

自分を思い遣ってくれる人達が居るから生きられる!

退院してきた自分は二度と病院には戻らない、絶対に戻りたくない。

もし、万が一にでも戻ることになれば自分の命がどうこうだけでは済まない、そういつも思っていました。

自分を叱咤激励し支え続けてくれた母親、親族、友人、お店の仲間、そんな多くの人達の気持ちを裏切ることになる、悲しませることになる、それだけは何としても避けたい、絶対に!

だから、「もう二度と飲酒はしません、酒は飲みません!」

もし、1滴でもアルコールを体に入れれば終わる、歯止めが効かない昔の自分になる、脳の奥から絶えず発せられる命令に従うしかなくなる、、、。

そうなれば自殺するしかない!

それを頭で分かっていているからこそ、一滴のアルコールで全てひっくり返る&終わるであろう酒の全てが恐怖でした。

自分は運よく有名なアルコール依存症の専門医と巡り合えても、思えば酒で亡くなったかもしれない人達が周りに何人もいたからでした。

それがアルコール依存症かどうかは知る由もありませんが、バー経営者で自身も酒飲み、それが若くして亡くなるには何か理由がある、そう考えてしまいます。

そうならない為にも、アルコール依存症では多くのボランティア団体が存在する、そのことも知りました、入院中にそれを教えてもらいました。

酒を飲まない&死なない決意を助けてくれる団体とは?

ネットで探すとアルコール依存症サポートしてくれる団体が隣町にありました。

し・か・し・電話する迄が恐怖であり、何故かドキドキする自分を抑え込み、勇気を振り絞ってやっと電話すると;

元気のある女性の声が聞え、今はどんな状態なんですか?

お元気なんですか、いつでも相談に来てくださいね!

来週にある集まりにアナタも参加して下さい!

その対応に声に安心してホッとして、自身がアルコール依存症で退院直後なこと、、これから何をどうすれば少しでも良くなるのか相談したい、、それを夢中で話し続けました。

そこまで話すと全て察してくれたであろう完璧対応で、、

来週じゃなくても今直ぐに来て下さい、

アナタと同じ様な人達が参加する集まりも開催されていますよ、

一緒に頑張って行きましょうね!

その自然で優しい対応には涙がでました、感謝の気持でいっぱいになりました、、電話して良かった、、本当に良かった、、、何か救われた気になった自分がそこにありました。

その後に、同団体の事務所として使われているご自宅にお邪魔すると、神の電話対応して頂けた女性の御主人がアルコール依存症に長く苦しんでいた、今でも戦っている、だから一緒に頑張りましょう、とご主人にも励まされた自分でした。

アルコール依存症は生死を分ける程の病気、

発症後の生存率はどこのサイト見ても不明、

生死の確率で言えば、どちらかが51%、もう片方が49%、

そうなります。

理由は、アルコール依存症でも生き続けたい自分の心+自分を助けてくれる人の数とパワーが大きければ51%で生きられる、そうでなければ49%の方になってしまう可能性がある、、、です。

アルコール依存症になり易い人はこうすれば良いんだ!?

ここの内容は1人称、ほぼ私の言葉で書かせて頂きます。

ここでは、アルコール依存症になり易い行動を個人の経験を元にお伝えしていきます。

アルコール依存症から生還した友人にはいろいろな趣味があります。

例えば世界旅行、それも観光客があまり行かない場所、世界遺産含め歴史的場所や建造物を訪れる、何かを想いながら・・・。

私がお勧めしたヘルシンキ(フィンランド)にも訪れたのはしばらく前にバーで聞かされました。

ここからの記事内容はとても曖昧&間接的な表現になるかもしれませんが、お許しください。

実は、人間はとても感覚的な生き物なんです!※個人の経験より

アルコール依存症から生還した友人もそんな感覚的な人間に変身できたから、何かしらの生きる方法論若しくは価値観が変わったから、自由な感覚でああだこうだ、こうしよう、、、

等々それら意識変化と行動で自由に生きる、そのことでストレス解消しているのかもしれません。※詳細は不明です。

一般的には、物事はシッカリと考えてから行動するべし、微に入り細に入りでも何かを考え想定しながら物事を進める方が失敗が無い、良い結果が得られるとされる、、、。

でも、現実はどうも違うんです!

何がどう違うのかと言えば、余程に特殊なことでない限りあまり多くの時間を掛けた行動は良い結果を生まない&招かない、面白くない!?、それです。

感覚的に浮かんだアイデア&行動をスグ実行に移す、その結果からの経験をつなぎ合わせても良し、バラバラでも何かしらの意味を持っている、それを人は誰でも感じられるんです、じ・つ・は!

人が感じられるのは全体としての意味合い、それをです。

アルコール依存症の記事途中に「人は感覚的にああする、こうする、その方が良い」、なんて、それって今回の記事とは全く無関係じゃないか?

そうお考えのアナタかもしれませんが、少し違うんです、こうなんです。

アルコール依存症になる原因の中には仕事のストレスだったり、社内の人間関係が最悪(経験してます)、人が生きる上で避けて通れないこと、社会人には必ず求められるTPO(時間、場所、場面)=言動をわきまえる、本当の自分は出さずにどこかに置いとくしかない、、、それらもあると考えます。※個人の意見

等々含めサラリーマンのアナタにはそれらが当然の様に求められてしまう、今日も明日も週明けからも続くしかないTPOストレスのワンパターン、それって超疲れすぎだろう、、ではありませんか?

そんなストレスからの逃避で酒を飲む、酒量が少しずつ増えてビール1本と水割り3杯じゃ酔えなくなる、ウイスキーのロックかストレートで5、6杯飲まないと酔った気にもならない、その原因がTPOストレスなんです。

やがてウイスキーボトル半分以上は空けられる、ワインなら白でも赤でも2本は飲めてしまう自分が怖い、どんどん飲んでも酔い難くなる、アルコール度数高い酒ゴクゴク飲んでも酔えなくなる自分は一体何なんだ!?※今の私がそれに近いかも!?

じゃあ仕方ない、家に帰って寝酒でもするか!?

そうこうする内に会社の机引出かロッカーに酒を持ち込みチビチビしながら飲む、帰りの電車に乗る前にビール1缶、地元駅で降りてからもラーメン食べながら酎ハイ、締めにいつものバーで大好きなウイスキーストレートをダブルやロックで飲む、、の繰り返し。

こうやって、気が付いたらいつの間にかアルコール依存症の予備軍になっている、アーレーなんです。

それが誰であっても、アルコール依存症への導入部分は可愛い?もんなんです、ハイ。

でも、いつか気が付いたらアルコール依存症に進む自分の可能性もあるのでご注意下さい!

ちなみに、上記にある酒量は私の今現在と近いか同じであり、更に付け加えるのならウォッカのストレートやロックでもあまり酔いません(笑&マジ)。※ウォッカのアルコール度数は43度位です

是非、個人的にもアルコール依存症には気を付けたいと思います、ハイ!

では、まとめさせて頂きます。

アルコール依存症と大酒飲みでは生きる死ぬの違いがあったんだ!:まとめ

人は健康な体で生まれ、大きな病気もせず健康に生きているだけで感謝すべきである、そう考えます。

この記事お読みのアナタでも、病気、ケガ、何かしらの手術を受けることで不安な心になる、悩む、悲しむも、それは人なら誰も避けられません。※避ける必要もありません。

もし、いつかアナタがアルコール依存症になりそうでも、自分の中に何かしらそうなる要因があった、お酒含+精神的な問題もあっての経験をしている、そう理解するしか術はありません。

但し、単なる経験とするには生きるか&死ぬかのアルコール依存症選なのもあり、できれば経験しない方が良い、それは確かです。

今回は書けなかった部分、その内容は「誰であっても死ぬ選択しかない様な苦しみがある」、それはアップできませんでした。※オリジナル原稿はその苦しみ部分だけでも5,000文字以上あります

全てを破壊し、全てを無くそうとしても、自分の意思だけでは死ねない!それは脳からの命令があるから、だからこそ何もどうにもできない自分自身に気が狂う(狂った)、ゲロする様な!?深く大きな苦しみ悲しみがそこにはありました。

また、いつか、もっとより良い表現できるスーパーサイヤ人に変身できる日が来れば、多くのアナタに読んでもらえる様に書きかえます。

本日も最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございました。

また、「探し物スリー!」でお会いしましょう!

●なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは●

突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)

「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!

「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。

一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー