私が住んでいる都内のマンション駐車場には県外ナンバーの車が何台も何年間もそのままあります。 

北海道、九州、関西、沖縄ナンバーなどいろいろと。 

引っ越しでの車ナンバープレート変更をネットで調べたら、これら決まりきった内容ばかりで少し飽きてしまいました!? 

  • 引っ越しでは転入から15日以内に車ナンバープレート交換する
  • もし変更しないままなら「罰金50万円」を取られる可能性あり
  • 自動車税の納付書が届かない
  • 古いナンバープレートのままなら車検受けられない!?

 等々、もっとありました。 

しかし、上記どれもが有名無実と考えます。 

理由は、東京ナンバー以外の車が何年も県外ナンバーで駐車場にあるからです、そのまま車検も受けているからです。 

それら含め引っ越してもナンバープレートはそのままで良い、その現実お伝えしていきます! 

読み時間1分少しです!

引っ越しでも県外ナンバーそのままの現実とは何か?

私個人でも、引っ越しに伴う車ナンバープレート交換はしていませんでした、県外ナンバーのままでした、全国約10カ所に住んでいてもです。

法律では引っ越しに伴う車検証の住所変更やナンバープレート交換、それら明記されてあります。 

それら履行しなければ罰金まであるようですが、それを適用された人を誰も知りません、私含めて。

 従って、引っ越しでの車ナンバープレート交換はある意味に於いて有名無実である、そう個人的には考えてしまいます。 

これを個人で強く感じるのは、一時期に(約2年半ほど)北から南まで引っ越しして回った経験があるからです。 

真面目に北は北海道から南は沖縄にまで住んでいました、、、 

それも同じ都内ナンバープレートの1つか2つで!? 

車が2台あったので、引っ越し先で1台使ったり2台使ったりもあったので1つか2つです。 

それでも車ナンバープレートは交換しませんでした。


何か不都合あったのでしょうか?
 

不都合があったかどうか、それをお伝えしていきます。

車が県外ナンバーのままなら何がどうなるの?

車ナンバープレートがそのままでも、ほぼ何も変わりません、問題ありません! 

法律では罰金50万円とされていても、ほぼ無視して良いと考えます。 

理由は、そんな罰則規定が厳密に守られ実施されているのなら、引っ越しに伴うナンバープレート変更は必ず履行していた、そうなるからです。 

そうであれば、近所で他府県(市町村)などの(陸運局管轄地域が違う)ナンバープレートを居住地近辺で見ることはとても少ないはずです。 

結果、ナンバープレートそのままでは何もどうもありません。 

しかし、何もありませんでした。

交通違反したら何か問題でもあるの?

例えば、現行犯!?での通行禁止時間帯の道路走行、駐車違反でキップを切られたなどであれば、その場で「免許提出」となるので問題ありません!? 

免許が現住所に変更済であればの話です。 

でも&しかし、高速道路スピード違反でオービスでパシャ、加えて駐車違反でもキップがフロントガラスに貼られていれば少し手間になるかもしれません。 

理由は、ナンバープレート登録の住所(車検証の住所)に違反切符が届くからです。 

その場合でも、やりようがあります。 

このようにして下さい!

郵便局で転送手続きすれば新住所に届く!

引っ越しの際、郵便局に転送手続さえすれば新住所に郵便が届くそれです。 

私の全国引っ越しでも使っていた手法なので、実証済です。 

まず、最初の1年間は新住所にどんな郵便物でも転送されてくるので安心です。 

そして延長手続きすることで、もう1年間転送になるのでとても便利なシステム、そうお考え下さい。 

そんな転送延長はトータル2年間が限度です。 

そうであってもナンバープレート変更する迄には至りません。 

次は、車検で何か問題あるのかです。

県外ナンバーでも車検は問題なく受けられるのか?

このお題も経験済なので、お伝えできます。 

車検証が旧住所のままでも車検は問題なく受けられる、それは間違いありません。 

ディーラー担当者も車検証住所が古いままでも車検には関係ありません、そう教えられました! 

現実として、どんな引っ越しであっても車検証の住所変更必要とされていても、その回数が多くあれば変更は少し手間&ムズカシイとなるようです。 

ディーラー車検担当者もそれら承知している、だからのコメントだったかもしれません。 

古い住所でも何でも車検には問題ありません。

県外ナンバーでの弊害ってあるの!?

北から南への引っ越しでは、どこの不動産屋さんでも、こんな話をする営業マンがいました。

県外ナンバーなら「いやがらせを受ける」、それです。 

何か嫌な話でしたが、個人的には何も嫌なことはありませんでした。 

北海道でも良くしてもらえました、、沖縄でも都内から来た人、そんな感じでとても親切にしてもらいました。 

それもこれもナンバープレート変更しないまま運転し続けたから、そう考える自分があります。 

それ以前に自分だけに解読可能な意味ある愛車ナンバープレート」、それを変更する気にはならなかった、それが変更しない理由でした。 

次では、いつか必要になる車売却での古いナンバーをどうするかです。

古いナンバープレートでの車売却はどうなるの?

車売却では通常これらが必要になります。 

  1. 車検証
  2. 印鑑
  3. 車庫証明

 それが古いナンバープレート(古い車検証住所)のままなら、住民票提出が求められる、そうなります。 

ご存知かもしれませんが、現在の住民票は前に住んでいた住所も併記されています 

従って、現住民票に記載ある1つ古い住所と車検証住所が一致すれば問題ありません売却できます 

でも&しかし、もっと古い2つ以上前の住所のままなら「戸籍の附票」か「住民票の除票」を必要に応じて取り寄せなくてはなりません。 

普段の車所有ではほぼ問題ない古いナンバープレートでも、売却では少しだけ問題あり、そうなります。 

⇒ どんな車売却でも高値買取する東証一部上場会社の一括査定を確認してみる【利用無料】 

では、まとめです。

引っ越して車県外車ナンバーの車検でOKなんだ!:まとめ

私個人の話では、愛車ナンバープレートに強い愛着がありました。 

だ・か・ら、度重なる引っ越しでもナンバープレート変更も何もしなかった、それが理由です。 

従って、単に「ナンバープレート変更が面倒だからしていない」、実はそんなドライバーの方が少ないのかもしれません、、、 

それってアナタや私のようにですよね! 

自分が生まれ育った地域ナンバーならずっと大切にしていきたい、そう思います。 

アナタもきっとそうですよね? 

本日も最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございました。 

またゴリラの探し物スリー!」でお会いしましょう!