車が汚い女性心理が不思議で怖すぎる!?【女性が車キレイにしない理由があった!】

当記事がいつも検索トップページにあるのは多くのアナタ様に読んで頂けているお陰です、それを心より感謝申し上げます!

記事には最新情報を盛り込み必要に応じてアップデートしております。

次にチェックして頂く際には最新情報満載で生まれ変わっているかもしれません。

では、記事本番スタートです!

女性には大変失礼な記事になるのを承知で書かせて頂きます。

「女性の車って、どうして中も外も汚れているんだろう」、それを昔から不思議に思っていました。

軽自動車や小型車だからそうなの、足車だから、そうこう思っていたら、現実は少し違っていたことが判明しました。

2分で報告します! 

●なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは●

突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)

「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!

「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。

一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

車が汚い人の心理状態とは何なのか?

もう結論です!

女性は車に何も関心がない、生活の道具男性の様に車への愛着が無いだから中も外も汚れっぱなし、それが答えです。※個人の考え含む 

だからなのでしょうか!? 

車が少し位?凹んでいても気にもしない汚れても洗車もしない、そして車内にはゴミ散乱状態のま・ん・ま!? 

本当はゴミではなく私物を沢山持ち込んでいるからそう見えるのかもしれませんが、詳しく見てないので不明!? 

男性でも車に靴、ゴルフ道具、洗車道具、傘、軍手、雑誌、小銭等々あってもほとんどトランクやダッシュボード、サイドポケットなど所定の場所に入れてあります。

女性は軽自動車や小型車が多いのもあるでしょうが、車内全体にモノが散らばり過ぎている、、、 、

足元には丸めたティッシュやパンやオニギリ等!?を包んでいたポリ袋が散乱している。

し・か・し、軽自動車には多くの小物入れが備わっています、それは普通車以上に多くです。

そ・れ・で・も、これらで車内が散乱状態なら女性って危険が危ない、、、

そうなりませんか? 

食べモノの容器や包装フィルム、靴や靴下や靴、ガムや飴などのお菓子、箱から飛び出したティシュー2箱!?が目に入ってしまいます。

さらに雑誌、紙袋、毛布、小銭、靴等いろんなモノが散乱!?している場合もあるようです。※一度そんな現状を見ました。

これは個人の経験ですが、洗車場(手洗い)で女性を見かけたことがほぼありません。※自動洗車では見ています。

女性はキレイ好き、掃除も洗濯もするのに、車ならどうしてこうなるの? 

それらお伝えしていきます。

車は外に置いてあるから道具と判断するのか!?

「車は外に置いてあるモノ、人やモノを運ぶ単なる道具である」、、、

女性はそう考えている様です。※女性への直接インタビューしていません、怖くてできません。

従って、洗車や車内掃除どころか12ヵ月点検、車検、自動車税支払いもあまり意識にない、、いつまで経ってもそれら不明な様です。

だからなのでしょうか? 

郵便で5月(当月)に届く自動車税(軽自動車税)は払ったとしても、期限より数カ月前には届く車検はシッカリ忘れてしまう、、なのでしょうか!? 

こんな話を、同じロードバイク仲間の外車ディーラー営業マンから聞きました。

ベンツなど高級外車所有の女性であっても、定期点検や車検でも車内にモノが散乱状態、私物を放置したままでディーラーに渡す、それはとても多いケースである、若しくは普通なのだとか。

男性ならメンテや車検前に掃除はしなくても、余計な荷物は片付ける、それが普通というか大半であると聞きました。

でも、女性はそうではありません。

女性は車をよくブツケルはナゼに!?

男性と女性を比較すれば、男性が車ぶつければ直ぐに修理へ出します。

女性は軽い凹みやキズ位は気にならないのか直ぐ修理には出さない、いろいろのダメージが貯まってから修理を考え出すようです、それもディーラー営業マンから聞きました。

凹みやキズが何カ所にも及んで&貯まってから!?やっと修理を考えるなど男性ではあり得ません! 

その判断&行為は男性のモノではありません、男性ならキズある車が心配でたまりません! 

もしキズを放置すればサビが発生してキズ口が大きくなるかもしれない、高い修理代になるかもしれない、男性がそう思うのは普通なのではないでしょうか? 

ですよね?

性別による車の価値観違いはあるのか?

女性も自分の車なら、いつか修理するにしても、女性にとっての凹みやキズは低関心事のようです。※大きなダメージでなければ 

「だって車は便利な道具だから・・・」です。

もし車がご主人所有であったら奥様は何をどうするのでしょうか? 

それでも女性は車ぶつけてもあまり気にしない、気にならないようです。

全ての女性ではありませんが、よく車をぶつける、それはあるあるです。

あるあるの理由は、運転が下手と言うよりも、道具である車に気を使わない興味がない、そう考える私は女性に怒られてしまうのでしょうか!? 

車のダメージが気にならない理由はこうです。※友人の奥さんが語っていた論法!?です。

  1. 車は生活するのに便利な道具、
  2. 自分で買ったモノではない
  3. 自分では修理費を出さない、

特に、2番目の答えは女性らしいなぁあです! 

上記は、主婦が思う車に対する三段論法なのでしょうか!? 

もしそうなら、アーレー、そんな表現しかできません。

女性が車にも運転にも興味がない証拠とは何か?

女性は車ぶつけてもあまり気にならない(目立つキズでなければ)、それは運転にも表れていると考えます。

これも失礼を承知で書きますが、若くても年配でも女性ドライバーが運転する車は見なくても分かる&判別がつきやすい、そう考えます。

女性が運転する車はおおむねこんな感じでしょうか?

  • ユックリ走っている(周りの車の流れにあまり乗れてない)
  • 車道の右か左のどちらかに寄って走行している
  • 駐車でも斜めに止めてある(私もたまにあります)
  • 道路標識をほとんど見てない&無視する運転
  • 運転中も周りの車をあまり意識できていない
  • 妙に接近してくる
  • ブレーキポイントが遅め、若しくはとても遅い

つまり、車は単なるA地点とB地点を移動する道具マイペースで移動できる道具、それは女性が意識してもしなくてもそう思えて仕方ありません。

全て個人の主観で書かせて頂きましたが、アナタはどう思われますか?

女性が感心持つことには強い優先順位があった!

ここまでは女性が使う車は汚いことが多い、洗車もしていない、そんなお話でした。

このままだと多くの女性を敵に回したままになってしまいます。

改めて弁解させて頂きますと女性は自分に関心がある部分についてはシッカリとケアする&管理する」という点もあります。

例としては、家のことは自分の役目と考え、家事(料理、家族を気遣う、掃除、洗濯等々)をしっかりこなすこともそうでしょう。

でも、自分に取っての優先順位が低いことになれば、それなりの対応になる、それが女性です。※個人の意見 

もちろん、男性であっても同じ様な部分ありますが、ただし車に限っては女性とは大きく違う、そうなります。

理由は、男性の本能もあり、子供の頃から動くモノに強い興味を持ち憧れてきた、だから自然と車をケアするようになった、とも言えるでしょう。

          気になる中古車を探す!

 上記でメーカー、車種、おおよその予算など入力するだけで直ぐにケアしたくなる車が探せます。

では、まとめです。

車が汚い女性心理が不思議で怖すぎる!?:まとめ

外車ディーラー営業マンの話から分かったのは、男性と女性では基本的な価値感が全然違う、そのことです。

男性が新車を買えば、乗る度にキズはないか、汚れはないか等々を気にしてしまうのが普通である、そう考えます。

さらに車が自分所有でなければ、とても注意して運転する、それが普通です。

でも&しかし、女性はそれとは全く違う価値感を持っている、独自の優先順位がある、そう考えるざる得ない行動をする、それしかありません。

ちなみに、友人の奥さんは、会社から支給された車をぶつけても、ご主人に何も報告しなかったとか、、それを友人から聞いてとても驚いた私でした。

そんな一般女性の価値観では「車は単なる道具」、そうなります! 

もちろん車大好き女性も多くいらっしゃるでしょう。

近所のヤナセ女性営業マンは「私は車大好きなんです」、そう言いながら車預けた私を駅まで送ってくれました、その女性は「私は車が本当に大好き」と教えてくれました。

もし、女性も男性も同じ位に車大好きであったなら、同じ様な価値観を車や他に持っていたなら、、今よりもっとお互いを分かり合える存在になっていたことでしょう! 

男と女はもっと深くお互いを理解しあえる存在になっていたことでしょう! 

まぁあ、現実では少しムズカシイことかもしれませんが、、です。

本日も最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございました。

また、「探し物スリー!」でお会いしましょう。