電気自動車を買ってもよい時期は5年後から10年後:サムネイル古いニュースでも2017年11月上旬、日産の生産管理問題が露見し電気自動車EVのリーフ販売が激減した、そうニュースは覚えていますか?

電気自動車購入すれば環境問題に悪影響を及ぼさない、そう言われてはいます。※ここから電気自動車=EVとします。

しかし、それが間違っていたらどうしますか? 

我々消費者は各国政府やメーカー、そして環境団体からウソをつかれているとしたらどうでしょうか?

もし、アナタがEVやPHVなどに興味がありましたら、是非この記事も参考にして下さい。 

⇒関連記事「日産リーフ!新型になっても買ってはダメな理由」 

●なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは●

突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)

「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!

「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。

一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

環境問題はEV購入理由にはならない

どうして、これ程までにEVが世界中で騒ぎ立てられているのでしょうか? 

各国政府、特にアメリカとヨーロッパ国民に根強くある政治不信による生活苦、それをなんとか環境問題にシフトできないか? 

それがEVの発端であり、それに絡めてEV売れれば大きな経済的効果がある、デフレも脱却できるかもしれない、そう考えたのではないか? 

個人的にはそう思えて仕方ありません。 

ことの発端は2015年9月に起こったフォルクスワーゲンのディーゼル排ガスデータねつ造(ウソ)事件が原因であり、排ガスをキレイにできないのならEVしかない、そのストーリーに大転換しました。 

ガソリンよりディーゼルの方がCo2排出量少ない、環境負荷をかけない、そのウソがばれてしまったフォルクスワーゲン、そしてアウディ、BMW、ベンツとなりました。 

環境問題と同時に主要各国では国民の生活不安問題をきっかけに政治に対する不振、不満が日増しに強くなり続けていきました。

そんなディーゼル排ガスねつ造データやガソリン価格高騰、経済不況など含めた様々な生活不安を打ち消す役目にあったのがEVだと言われてます。 

EVはガソリン使わず排ガスもゼロにする、地球環境改善にも寄与する、、、 

結果「人間の生活環境を改善する」、それってどこかの誰かの宣伝文句のようなんですが!?

EVを使った環境改善イメージ大作戦!

各国政府は産業活動で汚染された川、海、大地を元に戻せば、自然が蘇り農業生産性も向上する、地球温暖化防止にもなる、そんなおバカを考えているのでしょう。 

しいては、人間の健康と幸せにも役立つ、そんな環境問題解決イメージに直接リンクしているのがEVとなります。 

日本車メーカー最大顧客はアメリカであり、その中でもカリフォルニア州は世界最大の車消費地(州)です。※個人でも4年半ほど居住経験あり 

そんなカリフォルニア州の環境問題組織と政治家が作ったZEV規制が2018年から施行されています。※ZEV規制(Zero Emission Vehicle=排ガスを出さないクルマ) 

ZEV規制ではEVメインで走らせることで、EVメーカーに大きな利益(税収の一部をもらえる)をもたらします。 

それに反してガソリンやPHV中心のメーカーは、その排ガスレベル(排気量など)に応じてクレジットと呼ばれる巨額な罰金をEVメーカー(テスラなど)やカリフォルニア州政府に支払はなければなりません、

それはある意味の罰金としてです。 

少し余談ですが、テスラCEOの彼はカリフォルニア州政府に長年働きかけ(ロビー活動を続け)、ガソリン、ディーゼル、PHEV生産の全車メーカーが支払うクレジット(罰金)の一部をゲットできるように根回しをしていました。 

だから、テスラのEV販売台数少ないのにクレジット(罰金)でのお金がどんどん増えていった、、だから史上空前の株価になった、だから日本でも中国でも強気の営業展開なんです。 

話を戻します。 

世界最大の車消費地カリフォルニア州のZEV規制が引き金となり、各国主要車メーカーはEVへの巨額投資を継続しています。 

結果、2022年は主要車メーカー全てでEV車種が増える、そうなります。※現実は半導体不足でEV生産ほぼSTOPしている2022年です。 

また話は少しズレマスが、カリフォルニア郊外からロス・アンゼルス市内に向かって走ると空が少し灰色に見える日があります。 

これがスモッグ、排ガスの雲なんです。 

ロス・アンゼルス市の環境悪化から郊外に移り住んだ人達は、毎日スモッグを見ながら通勤等でダウンタウン(ロス・アンゼルス市内)に向かいます。※燃費良い車が多い現在は少しだけスモッグはマシになりました。

次は、EVは環境に良くない、そのお話です。

EVは環境に良い車ではなかったのか!?

EVはモータ―とリチウムイオン電池で動き、排ガスゼロ、臭いもない、だから環境に良いと思うのアナタなら少し違いマス。 

リチウムイオン電池はマンガン酸リチウムやニッケル酸リチウム使用しますが、それら全ては強毒性物質なんです。 

そんな強毒性材料が採掘され世界中に輸送される、原材料抽出する、電池製造工程でも毒を垂れ流す。 

それら電池製造工程で廃棄される強毒性物質は、一体どこへどう処理されるのでしょうか? 

車メーカーは、そんな電池をクリーンエネルギー呼んでいるんです。 

もっと言わせて頂ければ、自然破壊してダム造成の水力発電、オイルや石炭を燃やす火力発電、さらに危険どころではない原子力発電、そこから供給される電気をクリーンや無害とは定義できません。 

もちろん、人類に必用な電気や電池でありますが、クリーンとかのイメージは違うと考えます。 

原油価格も世界情勢で30ドル、50ドル、2022年は2月は100ドルにタッチしました。 

そうであっても、EV購入よりは排ガス抑制能力ある高性能ガソリンエンジン車の方が環境に良いと考えます。 

理由は、原油は何億年もの間に動植物死骸が自然変化しまモノだから、原油から最初に作られるのは灯油、次は軽油、最後に抽出されるガソリン等の生産工程はとても単純で少ないエネルギー消費で済み地球への環境負荷をかけない、だからです。 

それを良しとしなくても、リチウムイオン電池の材料採掘から製品化、そして強毒物質の廃棄に至るまでの流れよりも石油利用の方がもっと環境負荷もお金もかならない、です。

EVの約半分がリチウムイオン電池代金は危険が危ない

数年前、パナソニックが経済紙インテビューで語ったのは、「EVコストの約半分はリチウムイオン電池代金である」、でした。 

EVの大きさ&パワーにもよりますが、車1台分のリチウム電池コストは約1万数千ドル(150万円)とありました。 

つまり、EVを補助金なしで購入するにはリチウムイオン電池を安くするしかありません。 

し・か・し・世界的なEVブームは始まったばかり、EV製造がほとんどされていません。 

2017年11月データでは、リチウムイオン電池の材料コストは2014年比較で2倍になったと〇〇通商がコメントしていました。 

全世界の車メーカーがEVやPHV製造開始する以前に、電池材料がだけドンドン高騰し続けています。 

それがEV本生産となれば、一体どれだけの電池コストを払わなければならないのでしょうか? リチウムイオン電池に使われる強毒性素材から環境汚染をコントロールできるのでしょうか?

そして、2022年2月からのウクライナ戦争もあり、リチウム電池材料は入手困難が続いています。※ウクライナはリチウム材料などの大量産出国の1つです

EVのリチウムイオン電池の性能が低すぎる!

現在のリチウムイオン電池はこれら問題を抱えています。 

  1. 長距離走行には蓄電容量が小さい、
  2. 大きくて重い、
  3. 充電時間が長過ぎる、
  4. 電池の充電容量は使えば使うほどに減少していく、
  5. 電池成分毒性からの環境問題
  6. 高額過ぎる

 これら問題点、性能改善には5年以上、もっと必要かもしれません。 

しかし、現在のリチウム電池を使う限り、電池コスト上昇は抑えられません、電池コストが下がることはありません! 

結果、各国ともEV購入での補助金支給(補助金=国の税金=国民のお金)、ヨーロッパではEVの駐車場無料もあるそうですが、いつかはどれも無くなるでしょう。 

EVが言われて10年以上が経過しましたが、電池性能、充電時間、電池価格問題含め未解決部分が多くある2022年です。 

そうであれば、、一番安いコストで乗れて維持できるのは軽自動車、そうなりませんか? 

⇒ 日本最大の最新在庫4万台から環境性能が良い軽自動車をチェックしてみる【検索無料】 そんな気になる車を無料で探すサービスをガリバーは提供しています。  

では、まとめです。

EVはいつ頃に買えば良いの?:まとめ

結果、EV購入可能時期はリチウムイオン以外の毒性少ない材料で高性能な個体電池が安く製造できる日まで待つ、そうなります。

現在の個体電池開発や短時間充電(5分など)が完成するのは2025年かそれ以降となると言われている2022年です。

従って、それ迄はEV購入はできません!

ここ迄でEVは環境問題を意識しながら買う車ではない、そのことはお伝えできたでしょうか? 

海外では10万ドルもするテスラが売れていても、その殆どは環境問題に意識あるフリする!?セレブ達の宣伝に使われる車でしかありません。 

我々の多くが車購入の条件とするのは安くて便利で環境に悪影響与えない壊れない車、働くクルマぁあーーーです。 

そんな私には、中古N-WGNターボがその条件にピッタリでした。 

もし、アナタが高額EVを考えていても、中古含めガソリンでも自身にピッタリの低燃費車を見つけられるように願います。 

本日も最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。 

また、「探し物スリー!」でお会いしましょう。

⇒ 関係記事 「EVとHVを徹底比較してみた、、、」
⇒ 関係記事 「車選びの前に本命の燃料選びがある、、」