残クレは危険が危ない、同記事は何回もアップしてきましたが今回が最後となる、それは間違いありません! 

理由は、残クレのリスクの全てを、残クレ使えばアウトしかない、それら完璧にアップするからです。 

これらシビアリスクあっても残クレ使うアナタにはそれなりの事情がる、そう考えざる得ません。 

  1. 残クレのローン金利安くても車両値引が殆どない
  2. 残クレのローン金利は3年や5年後の残価とされる50%部分にもかかっている
  3. 残クレの車には毎月や年間走行距離制限がシッカリとある
  4. 残クレの車で事故を起こせば、事故に遭えば、残価ゼロ円となり大損しかない
  5. 残クレ終了する3年や5年後には「新車に乗りかえる」「そのまま乗り続ける」「車両返却する」それら選択肢がある※上記1から5を順番に説明させて頂きます。

 上記1から5にはリスクがある、だから残クレ審査」が通ったとしても使ってはダメなんです。 

読み時間3分でスタートします。

●なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは●

突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)

「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!

「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。

一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

お金がない人達だけ使う残クレは世界共通だった!

アメリカ発祥の残クレ=残価設定ローンですが、アメリカでは大問題となり第二のサブプライムローンと呼ばれている、大量の自己破産者を生み出しています。 

サブプライムローンでは家を買えない低収入の人達に高金利の住宅ローンを片っ端から簡易審査で提供し、多くが自己破産してしまいました。 

車の残クレでは、エサ目的でローン金利安くしても、毎月のローン支払い安くても大損になってしまいます!

そうなる理由は3年や5年後の車売却(ディーラー買取)では厳しい条件がある、ウソがある、そんな多くの弱者をダマすシステム、だからなんです。 

残クレの金利は安目でもそれは人をおびき寄せるエサでしかありません。 

残クレの金利が安いにはそれなりの理由がある、まずはそうお考え下さい! 

残クレ利用では車値引も金利値引もほぼゼロでありアナタには何の得もありません! 

従って、残クレの利用はカーリースしているようなもの一般的なディーラーローン(信販ローン)よりもっと大きなリスクがある&損になるそれが現実です。 

3年後や5年後の最終支払いまでは、これら多くのリスクあって疲れます。 

  • 車改造もできない、
  • キズもつけられない、
  • 毎月決まった走行距離指定がある、
  • 走行距離指定を破れば、3年か5年後の売却価格(買取価格)が下がってしまう
  • まるで人に借りた車、人の車に乗ってる気分で嬉しくない!

 車は楽しむモノ、役立てるモノであるはずなのに、オモイッキリ好きに運転もできない不安だらけの残クレ、そう認識してください。 

では、トップページ(記事冒頭)にあった1,2,3,4,5を順番に説明させて頂きます。

残クレにローン金利安くても車両値引が殆どない①

残クレでは車両値引が少ない、殆どない、若しくはありません。 

どうしてと値引できないのかと営業マンに聞けば、低金利だから、50%の残価を3年や5年後まで据え置いてあるから、そう答えるでしょう。 

そんな時は、営業マンにこう伝えてやって下さい! 

「3年後や5年後に支払うであろう、処理するであろう残価50%にも始めから金利がかかっているのに値引できないんですか?」 

「3年間若しくは5年間も車代金100%に対して金利支払うのに値引できないんですか」 

ディーラー側は始めからアナタを残クレに取り込もうとしている、シッカリ儲けてやろう、その気で満々なんです。 

次では、そんなウソクソをもう少し掘り下げてお伝えします。

残クレのローン金利は残価50%部分にもかかっている②

本来は車の半分だけ売るなんて出来ない、車両価格50%だけのローン支払いするなどあり得ない、不可能になる。 

つまり、新車200万円の残価50%である100万円に対する残クレと伝えながらも、実際は総額200万円の全てに始めから金利がかかっている、それも3年間も5年間も。 

残価50%に対する支払いで毎月の支払いが楽にる、そうアナタに伝えながらも裏では車代金100%に対する金利をゲットしている、儲けている、です。 

次は、残クレの車にある走行距離制限は何の為にあるのか? それをお伝えします。

残クレにある毎月や年間走行距離制限はナゼに?③

残クレで車購入したアナタにとって最も面倒なのが毎月、1年での走行距離制限それしかありません。 

残クレで走行距離制限あるのは3年や5年後にディーラーが良いコンディションで車を買取るため、走行距離短くてキズも何もなければ中古車でも高く売れる、だからです。 

もし、毎月の走行距離短いアナタなら気にならないかもしれませんが、日常の足として車を使いたい、旅行にも行きたいアナタなら少なからず問題ある、ストレスになる、それは確かと考えます。 

もっと言わせて頂ければ、残クレの車には愛着を感じられない、借りた車に乗っている感じ、愛車とは呼べない、そうなるでしょう。※個人の意見 

それが私なら新車でも中古車でもローン購入若しくは現金でゲットします。 

そんな購入後の愛車にはこうしています。

昨日も今日も「車を撫でながら一周して問題ないかチェックする」「乗り込んでハンドル撫でながら今日も頼むねと言葉をかける」、それが日課なんです。 

少し変なオジサンかもですが、車が大好きなのでそうしています、ハイ! 

次は、残クレの車で事故に遭ったらなにがどうなるのかお伝えします。

残クレの車で事故を起こせば残価ゼロ円になる④

残クレの車で大きな事故をすれば、事故に遇えば、3年や5年後に買取ってもらえません。 

理由は、事故車には価値が無い、売れない、だからです。 

でも、任意保険の中に車保険あれば大丈夫なのでは? そうお考えのアナタかもしれません! 

しかし、事故後の車処遇はこうなります。 

  • 大きな事故ではフレームにも影響し廃車しかない
  • 大事故でなくても事故車は売れない、買取ってもらえない
  • 結果として、アナタに残されるのは残クレ返済+残価50%の完全返済しかない

 結果、残クレでの大事故では残価ゼロになる、残るは何もない車への支払いだけが続く、ザンザンなんです。 

では、3年や5年後に最終支払い終えたアナタはハッピーなのでしょうか? 

いえいえ、新たな選択肢が待ち受けています、試練が待ち構えているんです。

残クレ終了する3年や5年後に試練が待ち構えている!⑤

残クレ完済した3年や5年後はこれら選択肢があります。

「新車に乗りかえる」「そのまま乗り続ける」「車両返却する」 

そんな「新車に乗りかえる」のであっても同じメーカー車限定となります。 

そうする為には残価50%も支払い完了しなくてはなりません! 

更に、また同じ残クレを組まされる可能性大、つまり同じ気苦労と損失リスクに耐えなくてはなりません。 

では「そのまま乗り続ける」、その場合はどうなるのでしょうか? 

3年や5年後に残クレ完済すれば、今の車に乗り続ける選択肢があります。 

しかし、未払いの残クレ50%部分に対し新たな残クレを組む、普通ローンを組む、そうなります。 

それもディーラーの言い値でそうなるかもしれません。 

最後の「車返却する」、それが一番カンタンそうでも実は180度の大違いなんです!? 

返却してサヨナラするには、ディーラーが決めた総距離範囲にある、そして車に目立ってキズ等がない、もちろん軽度の事故にも遭っていない、それらが1円も支払わないでサヨナラする条件になります。 

もし、返却する車に何か契約違反あれば追加で料金を支払う、それもディーラーに言い値で支払い、そうなるでしょう。 

アナタは、こんなキツクてリスクある残クレでも使いますか? 

それとも通常ローンにしますか? 

⇒ 日本最大の最新在庫4万台から希望する車が見つかるシステムです! 

では、まとめです。

残クレの車購入は大損リスク5回あるのはナゼに?:まとめ

残クレは取り合えず安く車に乗りたい、銀行マイカーローンが組めない、そんなアナタには有用なアイテム、そう言えるかもしれません。 

それでも上記5つのリスクがある、5回は損をする、最終的に何の得にもならない、それはご承知おき下さい。 

大昔、アメリカで残クレが生まれたのには理由がありました。 

移民含め貧しい人達が国民の大半を占める様になり安い中古車しか売れない、新車売上がどんどん落ち続けていた、だからです。 

それもあり、新車に乗れる残クレは受入れらましたが、同時に破産者激増になった、それがアメリカです。 

アナタは残クレを選びますか? それとも安くて買えて便利に使える中古車にしますか?

本日も最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございました。 

また「探し物スリー!」、でお会いしましょう!