アナタの悩みが仕事、人間関係、孤独感、貧しさのどれであっても死にたくなる程の心であれば何とかしなくてはありません、きっと。

もし、それら状況にあるアナタの心に何もしなければ、酒に走る、精神安定剤を飲み続ける、最悪の場合は自殺考えることさえもあるでしょう。

アナタがそうならない為にも少しだけお付き合いください。

ちなみに、当サイトで無料個人相談受ける私ですが、実業のビジネス相談では1時間5千円から1万円を頂いています、ハイ!

もちろん、この「探し物スリー!」サイトでは無料相談です、それが長時間や多頻度にならないのであれば!!!

苦しく重く辛く息も浅くなる心を放って置けばアウトになる!

そんな心のままなら外にも出たくない、人にも会いたくない、誰かと話する気にもならない、、ですよね?

だからって、お酒や精神安定剤他をやり過ぎると危険な目に合う可能性大になる。

特に独り暮らしのアナタなら、その心にあるモノを消去するには時間も手間もかかるので、こうしてながら日々を過ごして下さい。

  • 浅い呼吸の自分に気が付いたらその度に深呼吸する
  • 外気にあたる、太陽の光を浴びる、大気を感じる
  • 少しでも良いので誰かと話すようにする
  • 可能なら散歩してすれ違う誰かと挨拶を交わす
  • 食欲一切なくても何か少しだけでも食べる様にする
  • 感情に起伏有れば、大きな声で泣く、笑う、叫ぶ

それらすれば、部屋に独り閉じこもるより心がほんの少しだけ軽く感じられる、ほんの一瞬でも何かの記憶が表層意識から薄くなる消えないまでも!

だから独りゲロしそうな、気が狂いそうなアナタなら、まずはそれらにトライして下さい!

もう少し個人の経験も含め書かせて下さい!

辛い苦しい想いの心は大きくなっても小さくならない!

もし、そんな精神状態にアナタが何もしなければ、時間経過と伴に少しずつでも改善すると考えているなら大間違いです。

まとめにも書きますが、心の病気を治す薬は地球にはありません。

それもあり、大昔の医者(特に欧米では)は少量のアルコールを飲ませたり、麻薬(コカイン等々)を医療用として処方していました。

それが今の日本なら精神安定剤や睡眠薬を処方しています。

ここでの結論はお分かりかもしれませんが、アナタ自身で心を治す、それしかないんです。

そうこうしながら数%でも心が軽くなったり、喜びをを感じられる様になるのであれば(苦しい心は変わらずであっても)、必ず次に進められます。

辛い心にあったままでも居住環境を変えてみる!

住処を変えれば生活環境も変わる、アナタの行動パターンも変わる、心もそれらに少しだけ影響され何かしらの変化が起こる可能性あります。

ただし、引っ越しには時間と手間とお金がかかるので、とても多くのアナタには難しいかもしれませんね?

そうなら、知らない町のホテルに数泊するなどしてアナタを違う環境に置く様にして下さい。

ホテル防音は良くありませんが、少し位の大声で感情表現もできてしまうので自宅よりは使える、そうなるでしょう。

次は個室移動する方法です。

車ナビも何も使わず気の向くままに長距離移動する!

車なくてもカーシェアなどで安く借りられます。

そして、気の向くままに走ります、ハンドルを切ります、気が付けば全く知らないどこかを走っているでしょう。

そんな運転で気になる場所あれば外に出て深呼吸をしてみる、誰も居なければ大空に向かって叫ぶ、悩みの全てを大声で語る、それら車をどこかに止める度にそうして下さい。

そうすることで、心の一杯に広がった悩みの数%は一瞬であっても薄まるのは確かでしょう。

では、もうまとめにしましょうか?

まだ、アナタの心は大きな苦しみで覆われているのにです。

そうする理由は、まとめでお伝えします。

生きることが辛すぎて死にたいアナタへ!:まとめ

既に書きましたが、心の問題を苦しみを治癒させる特効薬は地球に存在しません。

大昔から、世界中の精神科や心療内科であってもカウンセリングするしかない、それが唯一の対処方法となっています。

じゃあ、アナタに処方される薬は何かと言えば、精神安定剤や睡眠導入剤くらいしかありません。

つまり、心=脳ににある&感じる辛さ苦しみ治療する薬は地球に存在していません。

だから、アナタのやり方で少しずつ悩み軽減させるしか方法はないんです。

まず最初にすることは、今、浅くなっているであろうアナタ呼吸に気付いたらユックリと深呼吸を繰り返してくだい、それに気が付く度にそうして下さい!

意図的に外に出て深呼吸する、陽光を浴びる、呼吸を少しで深くすることに繋がる軽い運動を続ける、それらだけに注力して下さい、半年、1年と、心が少しでも軽くなるまで。

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました!

また、「探し物スリー!」で会いましょう!