私が車記事を書くキッカケは、私が属するロードバイクチーム(年齢層広く30代から70代)ほぼ全員が軽ワゴン利用しているからでした。 

そんな中、高齢の大先輩ロードバイカー達からは度々人生論を語られ、若かった頃はああだった、こうだった、若い頃にもっとああしておけば良かった、それらいつも聞かされてきました、、、特にお酒の席では! 

今回は、人が歳を取ることで人生の何がどう変わるのか? 人間が超早く加齢することを考えると、若い時に最優先すべきことは一体何なのか? ロードバク大先輩達から教えてもらったそれら貴重な内容お伝えします。 

是非、お楽しみに!

歳を取れば体力あっても行動に移せない理由がある!

まず、今に若いアナタへ何をお伝えしたいのかと言えば若い時にしか頭にある何かを直ぐ行動に移す精神エネルギーがない、、、それです。 結婚して家族を持つようになると、多くの不安やリスクを感じ始めるので、新しい何かにトライする気持ちがとても小さくなってしまう、、それがあります。 

若い時は精神と体力がバランスしていても、ある程度の年齢以上になると、高齢になるとそのバランスが崩れます、若い時のそれではなくなります。 

私のロードバイク仲間、人生の大先輩達(60歳以上から75歳)は100キロでも150キロ長距離でも簡単に2本の足だけで走れます、、それも平均時速30キロ以上を維持しながら!※電動自転車ではありませんよ!? 

75歳でもそれが可能なんてスゴすぎる体力なんです。 

でも&しかし、高齢でそんな体力あっても頭にあることを直ぐ行動に移せるエネルギーあるのか、今を生きる強い精神力あるのか言えば、、実はそうではありません!※個人の意見

体力より精神の方が早く加齢する!

柔軟な思考力、強い精神力とそれに伴う瞬発力は若い時にしか発揮できません! そんな柔軟思考&強い精神エネルギーは若いアナタ最大の武器、スーパーウェポン、そう言えます。 

では、いつそんなエネルギーを発揮すれば良いのでしょうか? 若いアナタの髪の毛を(坊主頭以外)ブルーにしてスーパーサイヤ人3に変身すれば良いのでしょうか? 答は、今でしょう! そうなります。 

次では、そんな精神力と体力の違いお伝えします。

強い精神力と行動力は期間限定のモノだった!

強い精神力、気力、瞬時の行動力、それは若い時だけの特権であると考えます。※個人の意見 

単なる体力比較だけなら若くても高齢でも決定的な体力差は意外と小さい、そう個人的には感じています。※若い人達の特殊パワーと瞬発力除き 

それが証拠にロードバイク仲間の高齢者ライダー達はみんなスリム、少し皮膚が垂れていても全身がピキピキした筋肉で覆われ(特に下半身は)、懸垂20回以上なんてヘッチャラ、、、 暑くても寒くても、強い向かい風にあおられても平気で5時間、6時間もロードバイクペダル踏み続ける、走り続けられるスゴイ体力なんです。 

ジム通いでムキムキ!?なオジサンの私でも、体力全般では大先輩のロードバイク高齢者ライダー達には叶いません。 まぁあ、私が太刀打ちできるのはベンチプレスで血管浮き上がらせながらより重いバーベル上げることくらいでしょう。 

ロードバイク瞬間速度60キロ以上出せる若い人でも、高齢者ライダー達が黙々と30キロから35キロ前後の平均スピードで100キロでも150キロで走り続けられる持久力には驚きます。 10キロ以上も続く急な山坂道をロードバイクで黙々と登り続ける持久力、本当に頭が下がる程の体力なんです。 

でも&しかし、高齢者ロードバイカーの大先輩達は現状変更ができない、行動パターン含めた生活を変えることが難しい、新しい何かを取り入れる興味もしくは気力が湧いてこない、そうなります。 若いアナタなたそうではありません。

若く強い精神力あればスーパーサイヤ人3に変身できる!?

アナタが悟空の様に精神と時の部屋で集中トレーニングしなくても、若ければ頭が、思考が柔軟であり、強いリスク感じることなく行動に移せる精神力があります。 でもそれは若い時だけの特権であり、加齢すると伴に様々なリスクを感じ始める、直ぐに行動できなくなるんです。 

もう結論ですが、若い時に何かを集中的に考え行動することは人生最大のメリットになる、そうするアナタはスーパーサイヤ人2でも3にでもなれる!です。 

私が若い人達の仕事相談に乗る時も「結婚したり、サラリーマン生活が長くなればなる程に自由に動けなくなる」、それはアドバイスしています。 そんなアドバイスの一部をご紹介します。

サラリーマンは今の自分を知る場所であると考える!

私の無料相談(フレンチディナー付き)では90%以上の人達が会社で行き詰まり、成功できる可能性が極めて低い、そう考えています。 私は、そんな若い相談者達にこう伝えます! 

「サラリーマンは最終目的ではなくはビジネスを学ぶ場であり、そこで成功すしなくてもOK!」、、、です。 

若いアナタは社会で人間関係と駆引き等々のルールを学び、ビジネスノウハウを体験しながら試行錯誤する、そんな存在と考えます。 それらを数年、4,5年で学んだ後に自分でできる何かを始める、それが一般的であり、昔の私もそうでした。 仕事相談に訪れる若い人達の中には、自営業になる、起業に際してのこれら質問がとても多くあります、以下; 

  1. 自分はどんな仕事をすれば良いのか、儲かる仕事を教えてください。
  2. もし、自分の仕事に失敗したら、、それが不安でとても怖い。
  3. もし一度でも自営業、起業に失敗したらそれで人生は終わってしまうのではないか?

 それら若い相談者達の不安には、こうお答えしています。 

1の儲けられる仕事、何が自分に合っている仕事なのかは本人の意識と社会経験でしか答えはでません! 自分だけの仕事とするモノは他と似ていてるようでも似ていない、つまりアナタのオリジナルでしか成立&成功しません。 

従って、1つ1つ試行錯誤を繰り返しながらオリジナルビジネス構築をする、そうなります。 

2と3の質問では、もし仕事に失敗して借金を背負っても、返済不能でブラックリストにアップされてたとしても、約5年程で社会復帰を果たせる、新たな会社設立できる可能性大なので、若いアナタならまだまだ1回、2回と企業チャンスはあります。 

私個人で100人近い起業相談受けてきましたが、その誰もが成功するよりも失敗することの方に頭がある、恐れている、それです。 でも&しかし、アナタが若く独身で有れば起業リスクよりチャンスの方が大きい、それを相談者全員に伝えてきました。 

次では、起業をしなかった人生の大先輩達コメントお伝えします。

やっぱり、あの時に飛んでおけば良かったんだ!

実はロードバイク仲間の高齢者全員がサラリーマンや公務員で仕事経歴を終えた人達ばかりなんです。※1人だけ会社経営者が居ます。 

それもあり、若い時に思った通り何か行動に移せなかった自分を悔いてりる、何であの時に勇気持って飛ばなかったんだろう、それをお酒の度に私に伝えてきます。 ひょっとしたら、お前だけ飛びやがって、それがあるかもです!?。

 まぁあ、私が30歳少しで起業したことを大先輩達は知っているので、自分達の無念を強くに私に伝えて来るのかもしれません!? 

もう、お分かりと思います。 

は加齢すればする程に、昔、あの時、どうして勇気を持って判断、決断、行動しなかったんだろう、そう思うもんなんです。 

もし、昔のあの時に飛べていた自分なら今の全てが違っていた、ロードバイクも30万円でなく100万円以上のモノでもっと速く&楽しく走れていただろうに、、等々!? 

だからなのでしょうか? 大先輩達には、お前は高級ロードバイクで武装してる割には走りが今一だな、、そういじられる私です。 最後、まとめ前に肝心の車選び、若くても年を取っても使える車を知ってください。

高齢者が軽ワゴン選ぶ理由とは何か?

高齢になっても体力的に問題ない大先輩達でも、精神的な衰えは仕方ありません! 一瞬の判断力、判断時間がほんの少しだけ遅れる、それは大先輩達のが誰も同じです。 だ・か・ら・こんな軽ワゴンを選ぶんです、以下; 

  1. 車体が小さく、平面で長四角デザイン、着座位置が高い、だから周り全て目視できる
  2. 見切り含め全てコントロールしやすい、もしもの判断も短時間で行える
  3. それらから運転でのストレスが貯まらない、ストレスがない
  4. 車維持費(燃費、車検、自動車税、部品&整備費用)の全てが車の中で一番安い
  5. ワゴンなのでロードバイク2台や車椅子も積めて便利

 上記まとめますと、加齢での判断力カバーするデザイン&視認性の良さ、操作性の高さ、疲れを感じない運転、激安維持費、高い積載能力、それらです。 

そんな軽自動車はこんな場所で簡単に見つかります! ⇒日本最大の全国最新在庫4万台の中から希望する軽自動車を確認してみる! 

では、まとめです。

今に若いアナタが歳取ったら車運転では何がどうなるのか?:まとめ

もし、アナタが今のままサラリーマンを続けるのなら、ロードバイク大先輩達と同じ想いを持つ、あのチャンスに飛べば良かった、きっとアナタの昔をそう回顧するでしょう。 

ただし、大先輩達の時代(40年から50年前)は経済右肩上がり、何をどうしても給料がもらえた時代なんです。 2022年の今は右肩下がりっぱなし、コロナ禍、戦争で円安&物価急上昇中、もちろん安月給、面白味の無い仕事ばかり(個人に意見による)、、、 そんな超キビシイ現状で将来が見えない予想できないサラリーマンはどうなんでしょうか? 

もし、私がアナタなら1発か2発やってやりますよ、絶対に! だって、手取り給料20万円なら何もできない、休みもお金を使わない楽しみ方でつまらなさ過ぎる、だからです。 この記事には加筆予定ありますので、たまに覗いて見てください! 

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。 

また、「探し物スリー!」で会いましょう!