タイヤメーカーは多くあっても、高級タイヤとなればこうなります。 

  1. ブリヂストン(日本)
  2. ヨコハマ(日本)
  3. トーヨータイヤ(日本)
  4. ダンロップ(イギリス・住友ゴム)
  5. グッドイヤー(アメリカ)
  6. コンチネンタル(ドイツ)
  7. ミシュラン(フランス)
  8. ピレリ(イタリヤ)

 そんなブランドメーカー以外のタイヤの多くは安く販売され、サイズにもよりますが4本で1万円以内などとなります。 

では、それら高いタイヤなら何がどう良いのでしょうか? 

無名な激安タイヤなら、何がどうダメなのでしょうか? 

読み時間1分です。 

●なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは●

突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)

「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!

「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。

一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

高いタイヤは高性能スニーカー!?

ウォーキングでもラニングでも、高性能スニーカーならこうなります。 

  • 足に軽くフィットし窮屈(きゅうくつ)さがない
  • 長距離を走っても疲れにくい
  • 短距離用なら路面を強くシッカリとつかみ高い推進力がでる
  • 高い安定性と推進力を発揮できる構造計算と素材選びがなされている
  • デザインもカラーリングも良い

 上記を高級タイヤに置き換えればこうなります。 

  • どんな長距離運転でも安定した走行性能を発揮する
  • 路面を強くシッカリつかみ、発進、加速、減速、停止など的確に行える
  • 特に悪い荒れた路面、雨、カーブでも車を的確にコントロールできる
  • タイヤ真横を向いても路面を強くつかむ高度なタイヤパターン
  • それら可能にする素材、タイヤパターン研究には莫大な資金を投じている

 では、低価格&激安タイヤ、無名タイヤはどうかと言えば、上記とは大きく違う、そうなります。 

次はタイヤメーカーの優劣に関してお伝えします。

欧米タイヤメーカーが強いのには訳があった

タイヤ原料の約半分は天然ゴムです。※近年は合成ゴムも多用されています 

ゴムの木は南米原産であり、100年以上も前から欧米各国がゴム利権保有しており、今でもそうです。 

だから、ベンツやフォードなど欧米各国が巨大な天然ゴム利権と車生産で世界市場を牛耳っていました。 

だから、欧米タイヤ―メーカーが今でも強い、天然ゴム利権含め世界でも優位にあるのは確かです。 

日本タイヤ―メーカーのブリヂストンは1930年代に創業はされましたが、本格的な車タイヤ生産は1950年以降と欧米メーカー比較でとても後発です。 

次では、タイヤの半分はゴム以外の素材でできている、そのお話です。

タイヤ半分以上には金属等の異素材が使われている

タイヤ素材の約半分以上がゴム以外の物質である金属等々なの身をもって学んだお話です。 

昔、アメリカのフリーウエイを走っていると、何故かアクセル強く踏むたびにフロントがドンドンとジャンプする、、、 

驚いてカーショップへ持っていくと「お前は頭が変だ!」、そうタイヤ指さしながら言われました。 

な、な、なんと、タイヤが減り過ぎて、中味のスティールワイヤーがピンピンと飛び出ていたからなんです。 

つまり、丸坊主タイヤどころか、骨まで見えていたタイヤ、だからです。 

そんなカーショップの店員からタイヤは金属など中心とした複合素材で製造されている、それを学んだ私でした。※20年以上も昔の話 

そんなタイヤ素材はこれらです。 

  • 天然ゴム
  • 合成ゴム
  • 配合剤各種
  • ナイロン
  • ポリエステル
  • レーヨン
  • スティール各種

まぁあ、確かに、膨れた硬質ゴムだけで2トンなど重い車体を支えられる訳がありません。 

それどころか、100キロや200キロなどの高速走行が可能になる訳がありません。

高級タイヤは巨額資金投じた総合施設でしか作れない!

そんなゴムや金属やナイロンなど多種多様な素材で製造されるタイヤなら、性能アップの為には中身も外身も研究しなくてはないならい、それは間違いありません。 

特にタイヤパターン開発には膨大な研究データが必要、そして実際の走行データが大切、それも間違いありません。 

となれば、テスト走行含め全天候再現できる巨大施設がタイヤ開発には必要になる。 

大企業でなければ高性能タイヤは製造できない、そうなります。 

ここ迄の途中結論では、大手有名タイヤメーカーを自分の車に使う、それです。 

それが中小タイヤメーカーなら、タイヤパターン含めたデザインも、強度計算他も3次元解析で想定可能なになる、ある程度のタイヤ製造なら可能でしょう。 

しかし、そこに足りないのはゴムや金属等の高性能素材、そして様々な気象条件想定での実地走行試験、それらなんです。 

タイヤでは一番読まれている関連記事も参照下さい!

タイヤのコンチネンタル と ミシュランを完全比較した!スーパータイヤのマジ性能ってナニと何?

 

2023年8/9月最新記事も参照下さい。

極寒で走れないEV購入なら死ぬかもしれない!?EVは21世紀最大の失敗作なのか?

5年落の中古車購入がベストはナゼに?安くても安心で長く乗り続けられる車だから!

中古車不足の価格高騰=新車不足+円安しかない!外国人バイヤーに買い負けするしかないのか?

⇒日本最大全国430店舗のガリバー最新在庫4万台以上の中から気になる長期保証のクルマをチェックしてみる!

次は、まとめです。

高級タイヤなら安心安全の長持ちで走り続けられるのか?安いタイヤなら全部ダメなのか?:まとめ

高いタイヤにはそれなりのコストが掛かっている、だから安心、安全と言えます。 

ただし、高いタイヤが長持ちするかと言えば少し違ってきます。 

理由は、タイヤゴムが減るのは仕方ない、減り方含め安全性能、高速性能、それら発揮するからです。 

他の記事にも書きましたが、愛車N-WGNターボには軽専用ミシュランタイヤを履かせています。 

そんなミシュランだからこそ、雨に日も、高速道路の輪達も難なくこなしてくれます。 

値段は少し高くても、安心や安全に走れることの方が大切と考えるからです。 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。 

また、「ゴリラの探し物スリー!」で会いましょう。

⇒ 関連記事 「軽自動車にスポーツタイヤ装着で安心になる、、」
⇒ 関連記事 「高級タイヤなら安全で長持ちで速く、、」

●『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・●

下取り見直しバナー

実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。

そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。

もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定