外車の認定中古車を購入する:サムネイル外車の認定中古車と聞くと少し高い感じもするけど、普通の中古車と何がどう違うんだろう? 

数日前にヤナセから認定中古車フェア案内が届いていたので、自転車仲間でもあるヤナセ営業マンに聞きました。 

同じ年式&車種の外車でも、認定中古車と一般中古車店の損得含め違いお伝えします。

認定中古車以外の選択肢とは
外車を買うときは中古で買うとお得な反面、保証などで困ることがありますから、認定中古車を購入するというのは、多少支出が多くなってもよく選ばれる選択です。しかし、当然新車に比べて色やグレードが選べませんので、好みの車をいつでも探せるとは限らないのは中古車で買うデメリットの一つです。そんな場合に「認定中古車のような保証が付いた販売店があればいいのにな」という点でおすすめしたいのが、ガリバーのネット中古車探しサービスです。ネットサービスだから出来るのか外車でも最長5年の保証期間を付けることが出来ますので、認定中古車のように安心して中古車を買うことが出来ます。「認定中古車で探しているけどいい車がない…」なんていうときにはぜひ試してみてください、無料で使えますからね!⇒ 最長5年保証!ネットで保証が長い外車を探す【利用無料】

外車の認定中古車を買う意味ってナニ?

外車の認定中古車とはメーカーやディーラーが顧客から仕入れた車メーカー規定で仕入れた車(下取り含め)、検査した車、保証付けた車なので安心、そうなります。 

つまり、外車の認定中古車ならどの店で誰に売って、どのように整備や故障修理を受けたかの全データが判明しているベンツ、BMW、VW、AUDIその他となります。

※ここより外車の認定中古車認定中古車と書かせて頂きます。 

繰り返しになりますが、ベンツ以外でもBMW、AUDI、VW(フォルクスワーゲン)の認定中古車でも同様とお考えください。 

中古車なのに身元(初めの持ち主)が分かっている、ディーラー整備手帳から整備内容も全て分かっている、だから問題ない、そうなります。 

上記が認定中古車メリット部分なら、デメリットは何でしょうか? 

それは価格が少し高いことです。 

もし認定中古車価格が高いのなら、その分として何がどう違うのか、良いのか悪いのか一緒に確認して行きましょう。

認定中古車のサービスと保証内容とは何か?①

外車の認定中古車が一般中古車と比較して違う部分、メリットはこうなります。 

主要外車メーカーの認定中古車の基準です。 

  • 正規輸入車である
  • 新車登録時点から現在迄のディーラー完全整備記録がある※ほぼ全てワンオーナーの車となる
  • 新車登録から5年、8年、10年以内などの規定で選ばれる
  • 走行距離も6万キロ、8万キロ、10万キロ以内の車
  • 事故車や改造車ではないことは絶対条件

 認定中古車はベンツ、BMW、AUDI、VW(フォルクスワーゲン)でも、上記と同じ基準、若しくは似た基準で選ばれているとお考えください。 

認定中古車として選ばれた車は、さらなるサービスや保証があります。※ヤナセ資料より

認定中古車のサービスと保証内容とは何か②

認定中古車には、これらサービスと保証がありました。 

  • 最大100項目にも及ぶ点検・整備が行われる
  • 2年間走行距離無制限保証
  • 安心のサービスネットワーク(全国販売店で修理できる)
  • 24時間ツーリングサポート(出張応急処理やけん引搬送)

 ここまでのサービス&保証内容なら、少し高くても認定中古車買う意味もなくはない、そう感じませんか? 

私個人で最も興味ある保証項目は「安心のサービスネットワーク」です。 

車で数百キロ、600キロと出かけることもあるので、万が一の故障でも現地対応可能ならこれほど安心なことはありません。 

静岡でも大阪でも福岡でも修理ができる、それは心強い、車で遠出しても安心となるからです。 

では、ガリバーなど大手中古車店で車購入すれば保証含めどんな安心感を得られるのでしょうか? 

国内最大手のガリバー(都内)へインタビューした3年前の記録からお伝えします。

一般中古車のサービス&保証内容はどうなのか?

ガリバーで我々の質問に答えてくれたのは、国内最大店舗(都内)で車査定士している人でした。 

ガリバーが答えてくれた内容です。 

  • 事故車は絶対に仕入れないことが前提条件です
  • 事故車は査定士が見れば直ぐに分かります
  • 車を仕入れたら、会社基準の検査項目&基準で調べ、必要に応じてメンテと修理を行います※最大174箇所点検
  • 基本メンテ&修理箇所は共通であり、必要に応じて検査項目が増えます
  • 完全に整備された車に、10年保証、7年保証、5年保証、3年保証(外車)等を付けます※安い車は3ヵ月や半年保証もある
  • 万が一でも、メーカー整備士と同じ技術で修理を行い、保証期間内は完全無料です
  • 未使用車購入なら保証継承手続きのお手伝いもできます※関連記事「保証継承」に詳細があります

 ガリバー中古車にも高い仕入れ基準があり、これほどのサービス&保証な内容なら日本車も外車も安心と考えます。 

⇒ 日本最大460店舗以上もあるガリバーだからこそ適用される中古車保証内容を確認してみる!【検索無料】 

ベンツと同じようにガリバーもほぼ全国都道府県(460店舗以上)に販売店あるので安心と言えます。 

それでも、認定中古車がガリバー等の一般中古車に比べ少し高く売られている、それには理由がありました。

認定中古車のメリット・デメリット比較した!

認定中古車が高い理由は、これらメリットがあるからです。※外車&国産共通 

内容 認定中古車 一般の中古車
車の完全整備記録保有 100% 不明
前車オーナーを知っている 知っている 全く知らない
修理能力 高度な専門知識と能力 一般整備士レベル
整備工場 全国ディーラーでOK 購入店など限定的
万が一の保証範囲 広い 普通(限定的)
保証期間 一律2年、3年など 数か月から年単位
事故車混入率 0%(身元が分かるから) ほぼ0%(整備記録確認にて)

 特に「完全な整備記録」がデータ管理されている外車&国産ディーラー認定中古車に事故車が混入する確率は0%です! 

中古車店整備士はプロであり普通に修理を行えますが、全メーカーと全車種を完璧に整備&修理はできません。 

車査定士からは事故車なら必ず分かると自信の言葉をもらいましたが、100%ではありません。 

その理由は、中古車仕入では完全整備記録を持っていない車もある、検査だけで判明しないことも稀にある、だからです。

認定中古車メリットは安心を買うこと、それしかない!

従ってディーラー認定中古車の最大メリットはこうなります。 

  1. 認定中古車は元の所有者確認ができる
  2. 車の完全整備記録を持っている
  3. 完全整備することで安心な車でだと証明できる
  4. 年単位の保証がある
  5. メーカー整備士がメーカー機械と部品使い整備&修理を行う
  6. 全国ディーラーで整備&修理が受けられる

 上記1~6はメーカー&ディーラーでしか出来ません、一般中古車店では不可能です。 

ここでは外車の認定中古車メリットばかり書きましたが、実はこんなデメリットがあります。

認定中古車のデメリットは価格が高いだけなのか!?

外車の認定中古車は完全整備して販売される、従って価格が数割など高くなってしまいます。※一般中古車比較 

高くても完全整備されているなら良いとも考えますが、保証期間過ぎてからの保証外トラブルが大きな負担となる、その様な可能性もあります。 

そんな高すぎるメンテ費用は、こんな方法でヘッジできます。

認定中古車の保証期間と定期点検の方法

定期点検前にエンジンオイル、ワイパー、フィルターなど必要に応じてネット購入して自分で交換する、若しくはベストはカー用品店でそれら購入&交換してもらう。 

これら行うだけで、整備費用は大幅に下がります。 

つぎに、万が一の修理です。

認定中古車の修理費用を安くする方法がある!

輸入車ディーラーが請求してくるドイツ車の部品代金はあまりにも高すぎます。 

現地ドイツの数倍どろこか10倍になるモノが多いとお考えください。 

部品代金がどれほど高いかは国産車(同排気量)の価格比較で直ぐに分かります。 その場合は2つの対策方法があります。 

  • 1つ目は外車(メーカーごと)修理を得意とする整備工場を使う
  • 2つ目は海外ネットでパーツの個人輸入をする

 もし2つ目を試すのであれば、次をお読みください。

ネットでパーツを探すと現地価格が分かる!

ネットで「AUTOPARTS」と入力すれば、世界有名パーツ専門店が現われますので、そこでパーツ購入し整備工場へ渡せば激安です。 

ほとんどの海外サイトは共通システムなので、メーカー名、車種(モデル番号)、年式、パーツ名(修理箇所から検索可能)を入力すると商品と価格が見れます。 

それら価格を日本のディーラー価格と比べたらビックリしかありません。 

ビックリのベンツパーツでは、日本のディーラー価格の1/5(輸入経費込み)など激安がありました。※個人の経験 

支払はクレジットカード、発送方法は安い国際郵便から少し高いDHLまで自由に選べるので何も問題ありません。 

そんな車維持費&修理を安くするのは簡単なんです。

車維持費を安くできない部品は何か?

個人輸入では、安くなるパーツばかりではありません。 

ボディパネル関係を海外購入できたとしても、大きいので運賃の方が高くなってしまいます。 

ボディパネルの重さはそこそこでも、超大きな箱に入れられたり、大型パレットに乗せられてくるので容積運賃適用となり「輸入運賃倒れ=運賃が高過ぎてペイしない」、アウトです。 ※運賃には重さと容積で大きい方が適用されます。

もう1つはタイヤです。

整備費用をバカ高くするのはタイヤ交換なのか!?

タイヤは容積もですが重さがハンパないので輸入運賃倒れになる、従って日本で購入するしかありません。 

タイヤはゴム製ですが、内部に使われているスチールワイヤなど半分近くが金属製だから超重い、そうなります。 

私はそんなタイヤ購入ではディーラーやタイヤショップには行きません。 

コストコが一番安く買える」、そうヤナセ営業マンが教えてくれました!? 

先週もコストコで窒素ガスを入れてもらいましたが、親切な対応、そして無料です。 

どうすれば無料になるのかと言えば「コストコで購入したタイヤ」、そう伝えるだけでいつもOKになります。 

ちなみにガソリンスタンドで窒素ガス入れるなら4本で千円以上はします。 

あっ、それとガソリン価格もコストコが一番安い、一般ガソリンスタンドより数%以上は安い、それは意外と知られていません。※宣伝とは無関係です。 

ちなみに、コストコの2022年3月16日のハイオクは170円 / リッターでした。※他府県では170円後半から180円前後の価格です。 

それもあり、私が給油するのはコストコ、それが6年以上も続いています。 

次は、気になる外車のメリット、デメリットの部分まとめです。

外車のメリット・デメリットの部分まとめ!

外車の認定中古車は一般中古車より数割高くても多くのメリットがある、それを知って頂けたと思います。 

デメリットはアフター(保証範囲外)の高額保守代金と修理だけなので、その場合はディーラーではなく個人でオイル&パーツ交換等々をすればOKです。 

私なら、国道にある黄色いオートショップに車持ち込み、いろいろとお願いするでしょう。 

そして、タイヤは日本で一番安い(個人で4回は交換経験ある)コストコでミシュランタイヤ交換する、です。 

そして、万が一の高額部品交換&修理なら、外車が得意な近くの整備工場を使うしかありません。 

その際は、予算に応じてパーツ個人輸入をするかどうかも判断してください。 

⇒ 気になる中古車を探す!

では、まとめです。

外車の認定中古車購入ならお得しかない!:まとめ

外車と同じ排気量の日本車を比べれば、外車はとても強く速く走ります! 

本当に強く気持ちよく走ってくれる相棒、だから使えます! 

それらは所有したベンツ、AUDI、BMW、VW他で、この体がシッカリ覚えています。 

そんな外車の認定中古車購入するのであれば、今の愛車を高く売るのもメリットになる、そう考えます。 

⇒ 自宅に居ながら、愛車の高値売却できる一括査定をチェックしてみる【利用無料】 

アナタが、本当に愛せる外車に巡り合えることを願います。 

本日も最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございました。 

また、「探し物スリー!」でお会いしましょう。

⇒ 関連記事 「死にたくなければベンツに乗るんだぞ、、」
⇒ 関連記事 「ベンツの型落ちなら安くて高性能で死なない、、」