当記事がいつも検索トップページにあるのは多くのアナタ様に読んで頂けているお陰です、それを心より感謝申し上げます!

記事には最新情報を盛り込むべく必要に応じてアップデートしております。

次にチェックして頂く際には最新情報満載で生まれ変わっているかもしれません。

では記事スタートです。

世の中で使ってダメなローンはいくつもありますが、車購入に限ってはこれらは危険が危ない、超危険なんです! 

まずは自社ローン、次は残価設定ローン=残クレ、、、

そしてクレジットカードのリボ払い」です。 

新車購入はクレジットカードが使えない=リボ払いはできません! 

従って、リボ払い購入できるのは中古車限定です。 

それでも、リボ払いは残価設定ローン(残クレ)よりも危険が危ない、、、

その理由をお伝えしていきます! 

必ず役立つ内容なので1分程お付き合いください。

●なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは●

突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)

「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!

「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。

一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

簡単なリボ払いなのに自己破産ってナゼに!?

初めに結論ありきです。 

リボ払いなら毎月の1万円や2万円等の定額支払いはお約束でも、元金返済はいつまで経っても減らない&完済しない、一生に渡り支払い続けなくてはならない、そうなるかもしれません。 

結果、支払い残が徐々に大きく増え続けることで大きな借金+金利が増え続けいつまで経っても返せない、アウトになる、それです。 

そうなる理由は、毎月の定額支払以外の部分=大元の利用残金(元金)に高金利15~18%が絶えずかかっている、どんどん借入元金が増え続けている、だからです。 

加えて、日々の買い物の多くをリボ払いにし続ければ、借入元金が転げ坂の雪ダルマになってしまい、最後は抱えきれません。

最終的に高金利支払いで大損するだけでなく、一度の支払いミスや遅延でもブラックリストに載りかねません。 

ブラックリストに載れば、新規カード申込が難しいだけでなく銀行からもお金を借りれない、生きる為に必要な社会的な信用も落ちる,そう成りかねません 

加えて2022年の今、これからの世の中はコロナもあり不景気しかない、超不景気が何年やもっと続く、結果として日本が高成長することはない、だからです。 

人口減少、高齢者増加などにより、どんな商売もお客が少なくなる、難しくなるからです。 

もっと言えば、コロナによる労働環境変化で、少人数で運営できる会社経営、工場の合理化、働き方が変化し続けている、最終的に必要になるのは少ない労働者だけになる、だからです。

同最新記事はこちらもお読みください!

超円安の今を生き残るには副業をするしかない!

そんな危険が危ない社会状況でのリボ払いならアウトしかありません!

リボ払いは貧乏人専用ビジネスなのか!?

リボ払いを中古車購入に使えば、毎月支払は安く済んでも、定額&低額払いになっていても、リボ払いの総額(元金)だけは雪だるま式に増え続けることになります。 

毎月支払いが定額(低額)でも、リボ払い元金部分には高金利(利息)が適用され続ける、元金は転げ坂の雪だるまさん状態で太り続ける。※リボ払いは複利でなく単利です 

毎月利用するリボ払いの元金には、な、な、なんと15%や18%などの高金利(利息)がどんどん加算され続けている、、、、

やがては返済不能になる可能性大、自己破産する人たちも増える、です。 

そのことを逆複利と言いますが、ほとんどの人達はそのシステムを知りません! 

だから借りてるお金が雪だるまになる、転げ坂の雪だるまと同じにどんどん大きく膨らんでいく訳なんです。

リボ払い逆福利のワナを誰も言わないのはナゼに?

リボ払いは素人をカモに見立てワナが仕掛けられている、超美味しいビジネスだからです。 

それが逆複利なんです、以下; 

クレジットカードで「リボ払い」にすると手数料=金利=利息がかかります、24時間、365日、いつでも金利がかかります。 

カード会社にもよりますが、平均で年利15%ほどの手数料(金利=利息)が一般的ですが 「リボ払い」の怖いところは、使ったお金(=元金)だけに手数料がかかるのではなく、元金+手数料の全てにまた手数料がかかるということです。 

だから雪ダルマになるんです、それも急角度の坂を転げ落ちる雪ダルマさん、そうご理解下さい! 

この仕組みを「逆複利」と言います。 

逆複利」は利息の一種で、「運用したお金(元金)+利息」にさらに利息が付くというシステムなんです。 

従って、元金部分をいつかどこかで一括完全返済しない限り、永遠に超美味しいカモのままになる、貧しいままになる、です。

             中古車を探す!

そんな気になる車、10万円でも保証ある車を無料で探すサービスをガリバーは提供しています。 

では、まとめです。

リボ払い車購入は危険が超危な過ぎる ←断言!:まとめ

もし、中古車購入でリボ払い利用するのなら、車を何らかの仕事に使えば、いつか、どこかで返済完了できる、、

そうすれば、いつかは現金で新車購入、その可能性大となる、私はそうも考えます。 

カードでも銀行ローンでも、たった一度の支払いミス、支払い遅延あれば信用保証協会などのブラックリストに載ります。 

もちろん、ブラックレベルは人によって違うでしょうが、一度のミスでも失敗でも必ず信用保証協会リストに名前がある、それは覚えておいてください。 

本日も最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございました。 

また、「探し物スリー!」で会いましょう。