当記事がいつも検索上位ページにあるのは多くのアナタ様に読んで頂けているお陰です、それを心より感謝申し上げます!

記事には最新情報を盛り込み必要に応じてアップデートしております。

次にチェックして頂く際には最新情報満載で生まれ変わっているかもしれません。

では、記事本番スタートです!

車買うタイミングで激変する人生なんてあるんでしょうか? 

車買うタイミングとしなければ、車が有ると無いとでは、人生にどんな影響を与えるのでしょうか? 

答は、車が無いより有る方が人生に強く役立つ、車有ることで助けられることがとても多くある、それは間違いありません。※国内外で車16台乗り継いできた個人経験より 

それを実感するのは何かあっても無くても車のハンドルを手にできる、24時間いつでも何かあれば車を飛ばせる、車を使える、そんな自分があるからです。

そんな生きることに使える車であっても、まず頭に浮かぶのが維持費含めた車の経済性ではありませんか? 

しかし、まず車ありきの前提で考えれば、これら新たな発想につながるかもしれません。

  • キャラ(愛着)を感じられる車、
  • 走りの楽しさを感じられる&与えてくれる車、
  • さわやかさを感じる&与えてくれる車、
  • 喜びを感じる&与えてくれる車、
  • 楽しくて優しくて愛おしさを感じるられる車、
  • 自分と言う存在が何かを感じさせてくれる車、
  • 仕事や家族ケアなどプライベートにとても役立つ車、
  • コロナ禍の大不況でも車さえあれば自営業で生きられる、等々

そんな発想を車から感じられるのは、車にはスーパーな能力と個性(様々な性能や用途)があるからなんです。

私はことある度にそれら多くを感じ経験してきました、16台の車と伴に! 

従って、アナタの人生にとって必要な何かを個性を車に見出せる、それら可能性含め求められる何かが車にはある、そうお伝えしたい自分です。

私はまだまだ人生途中のオジサンですが、車デザインと性能(用途含む)には一見しただけでは気付けない、気付きにくい大きなメリットがある、それを考えます。

アナタの車選びに役立つ情報を3分半ほどでお伝えしていきます!

●なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは●

突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)

「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!

「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。

一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

車買うタイミングで激変する人生とは何か?

車さえあれば、いつでも(24時間)、好きな場所へ最小の意識と労力で移動できます! 

それは仕事遊び家庭の用事介護個人専用の移動式書斎、何にでも使えます、生きることの多くに使えます! 

でも、それ以外は何に使えるのでしょうか?  

そう言われると頭の中がクルクル空回り状態なのは私だけでしょうか? 

特定の何と何に必要な車とかでなはなく、自分と連携して使える車、そうお考え下さい、以下;

  • 「人生の行動&移動範囲を広げる」
  • 「限られた自分の時間を空間を有効に使える」
  • 「人生の幅を広げる=より多くを経験できる」

それら想定できますし、個人でも同様な経験してきました。

もし、上記の想定通りであるとすれば、車保有するのも悪くない、まぁあ仕方ないだろう、、そうなりませんか? 

そう理解している私でも、あまりに高コストの車なら使いたくありません。

高コストの車とは、自分の収入比比較で高過ぎる車、ペイしない(あまり使わない)車、そうなります。

自分が持っているお金、稼げるお金に対して高コスト(高ければ)の車なら、使っても使っても元を取れない、ペイしない可能性大となるからです。

従って、私の相棒はそこそこ使うだけでペイする中古軽自動車です。※ターボ付き そんな車の有効利用など含め現実面からお伝えしていきます。

車があることできることには何があるか?

車があればアバウトに何でもできる、そう言えますが、現実的にはこれらです。

日常の足、仕事、レジャー、通院、介護、個人専用の書斎(個室)、等々に使えます。

仕事で使うなら離れた場所へ24時間いつでも移動できる、電車やバスが動いてなくても台風含めどんな悪天候でもOKとなるでしょう! 

それら便利さにより通勤範囲(距離)拡大、仕事選択肢拡大、新たな人間関係構築になる、それは120%間違いありません。

さらに、病気などでは自宅からの距離に無関係で最適な病院を選べる&通える、それは介護必要な家族ケアでも同様です。

特に軽ワゴンなら車イスを乗せて移動できてしまいます。※専用オプション必要 

従って、どんな車であろうと、アナタにとって「生きるために大切な車」、そうなります。

次は車のメリットとデメリットを知ってください。

車が不要とする根拠とは何か?

大都市圏で公共交通機関発達していれば、車がなくても移動には困りません。

交通手段の多い地域で、単なる移動目的だけなら車不要とも言えるでしょう。

不要とは言えなくても、月に数回程度しか使わない車なら、カーシェアやタクシーでも問題ありません。

では、誰がナゼ車を保有するのでしょうか? 

車維持管理費は高く、毎月数万円以上は必要になります、購入費以外で。※全ての車維持費&税金を月単位に押しのべた場合 

ではどうして、人はアナタは車を欲するのでしょうか? 

必要なアイテムとして受け入れるのでしょうか? 

それは車がアナタや我々を少しでも楽にしてくれる、自由を与えてくれるからなんです。

もし、そこまで考えなくても「いざという時に使えるヤツ」、そんなアバウトな用途定義なら誰の頭にもある、そうではありせんか?

車があると変わる生活とは何なのか?

車が自由を与えてくれると考える訳は、人間生活を便利にする以外の働きがとても大きいだからです。

長年に渡り、車を好きな時に好きな様に運転している、、 と、こんな意識が自然にわいてきます。

  • 誰に頼ることなく24時間いつでも好きな場所へ移動できる
  • 自分だけの完全プライベート空間
  • 車は自分の感情を開放できる唯一のプライベート空間

何もなくてもそれら意識&無意識に感じているのかもしれません。

個人的には車という移動空間よって精神バランスを保てている」、そうも考えます。

もし、その考えが間違っていたとしても、車は単なる移動手段だけの存在ではありません!※個人の意見 

アナタや私の感情を表したり無意識な思いを何気なくでも感じ取れる空間なんです。

それは車運転しながらでも、駐車の最中でも。

アナタは、車の中で叫んだことはありますか? 

もちろん独りの時にです。

車の中なら、アナタが発する叫び声も泣き声も誰にも聞こえません

家の中、それが集合住宅なら壁も薄く、ご近所に叫び声が聞こえてしまう、変な人が隣に住んでいる、そう思われるかもしれません!? 

でも、車の中ならこうなるのでOKです!? 

車など狭い空間で叫ぶと、泣きわめくと、自分の声が感情が車内で反響し大きな音となって感情となって自分のどこか奥深くに届くんです 

自分の声もですが音楽を聞いていても似たような感覚に陥ることもあります。

車って、自分では見えない&感じられない精神の奥深くにも作用しているようなんです。※個人の意見

自分に叫ぶ&話しかける大切さとは何か?

自分で自分に叫ぶ&話しかけるってチョッチュ変な人なのでしょうか? 

実は、私はそうする人ので少しだけ変なオジサンかもです。

どこでそれを学んだかと言えば、大昔に読んだ某有名作家の「自分へ手紙を書く」、その本を読んでからでした。

普段は自分以外の何かに向けて発信する、伝えようと努力するのが人間です。

しかし、自分の心に話しかける、問いかけることはほぼ誰もしていません。

一度、それをしてみてください! 

自分に話しかければ何がどうなるのかですか? 

自分に話しかけることで、本当の自分を感じられる理解できる自分が自分にする問いかけに応える自分が有る。

だから!?精神バランスが取れるようになる、です。

もっと簡単に言えば、自分に話しかけることで「問いに応えようとする自分がある」、それに気づくことです。

そんな自分の内面、もう一人の自分に気付けば何かの答えを感じられる、得られる、生きられる、そうなるかもしれません。

もちろん、家や外でそうしても良いのですが「密室空間の車内」なら、もっと自分の心を感じられる、心の声を聞ける気がするでしょう。

少なくとも、私はそうです。

是非、お試しあれ! 

遅く成りましたが、やっと!?生活に合った車の選び方のお話です。

生活考慮した車選びの方法とは何か?

最初の車選びなら、あまり高いコストを車にかける必要ありません。

車は毎年モデルチェンジされ、新車でも購入した翌日から中古車と呼ばれます。

新車購入して3年もしないうちに「革新的」などのキャッチと伴にスゴイ車が発売され、愛車価格はすぐ半額以下になる。

従って、一番初めは中古軽か小型車が金銭的にも精神的にも楽ちんになるそうお考えください。

いくら新車燃費が良くても新車代金+燃費の良さと安い中古車との購入金額差埋めるには、ペイさせるには走らなくてはならない、何年どころかもっと長くかかるでしょう。

高い車をどれ程に有効利用したとしても、長く乗り続けたとしても、ペイさせるのは大変です。

しかし、数十万円の安い中古車なら数年でペイできる、そうご理解下さい! 

だからこその中古車なんです。

車もお金も大切に使いましょう、、なんです!?

中古車購入メリットの具体例!

昔は私も友人達も、新車や中古であっても購入して直ぐに飽きたり、車どこかをぶつけたりと大変でした。

自動車保険使って修理まではOKなんですが、ぶつけたせいで自動車保険料は翌年そして次の年もペナルティーで高いまま、それはキツイことでした。

特に、アナタが若い男性ならエネルギー充てん120%もあり、それら経験する確率は決して低くはないでしょう。

そんな低くない経験する可能性も含め新車ではなく中古車を考えてください。

中古車でも自動ブレーキや誤発進抑制機能など安全装備あれば、その分として任意保険料金が安くなることも覚えておいて下さい。

もし、気になる車あれば、車種や年式&走行距離データ比較できる中古車店サイト眺めていれば、欲しい車のアイデアも浮かんでくるでしょう。

さらに車種、年式、走行距離が中古車価格基本になるので、データ見ながらこれは高い、これは少し安いなど少しずつでも分かってきます。

大手中古車店データなら、車両価格+諸費用明記あるので、最終の乗り出し価格=総支払額も直ぐに分かるので便利です。

日本最大の最新在庫4万台からとりあえず少しだけ気になる車をチェックして見る!

次はデメリットとは言えませんが、意外とかかる車維持費のお話です。

車購入デメリットは気付きにくい維持費にある!

車購入では税金&車検費用関係以外に保険、ガソリン、駐車場、メンテ等の維持費があります。

下記項目をご自身の車に重ね合わせ、1~9の維持費が分かる様にしてください!

  1. 自動車税(÷12ケ月)※年に1回支払う
  2. 重量税(÷24カ月)※2年に1回支払う
  3. 車検費用(÷24カ月)※2年に1回支払う
  4. 自賠責保険(÷24カ月)※2年に1回支払う
  5. 任意保険(÷12カ月)※年に1回支払う
  6. ガソリン代(毎月の平均金額)
  7. 駐車場(毎月分)
  8. 高速など有料道路の料金(おおよそ毎月分)
  9. タイヤ&オイル交換、バッテリー、その他メンテ必要経費(÷12カ月)※メンテ費用見積もりはカーショップに聞くと便利です。
  10. 洗車や清掃費用など

維持費が出たところで、各々12カ月や24カ月で月割にする、月割りにした各金額の全て合算することで、1か月分(1年分)コストが判明します。

それがアナタが購入するであろう中古車の毎月維持費(出費)、そうなります! 

もし、車ローン+ガソリン+駐車場しか毎月分で想定していなかったなら、きっと驚きの金額かもしれませんね? 

アナタに購入予定車があれば、真剣に想定し計算してください。

そうすれば、車購入価格範囲を想定できるどれだけ有効利用すればペイするかも想定できる車購入の覚悟ができる、その三段論法になります!? 

そんなシビアにかかる維持費でも、軽自動車なら一番安い維持費になる、それを次でお伝えします。

ナゼ軽自動車維持費が一番安くなっているのか?

軽自動車(排気量660㏄)だけは戦後(1945年)の国策で一番安い軽自動車税(乗用10,800円、商用5,000円ポッキリ)、そうなっています。

それが普通車(エンジン排気量1,000㏄から)なら一番安い自動車税でも25,000円からスタートします。

さらに、軽自動車なら駐車料金も高速道路も車検も全てが普通車より安い、だから最小維持費で乗るなら軽自動車、それ以外にありません! 

その他メリットでは、軽自動車ワゴンはほぼ長四角のデザイン+車内の出っ張りがほとんどなく大量の荷物が積めてとても便利に使えます。

次は、どんな車でもあれば生活が変わるのか、それをお伝えします。

車保有することで激変する生活例とは何か?

もし車維持費が高いと感じるのなら、これでもかの攻撃で車有効活用してください、車をペイさせて下さい! 

記事で繰り返しペイペイばかり書いていると変に思われるかもしれませんが、私は正常です! 

車って使えば使う程に喜ぶ、助けてくれる、そんな性質のモノ!?だからです。※16台近く車保有した経験より 

毎月、数万円程度のコストで車維持している私でも、シッカリと車有効利用しています。

生活の中で、一番の車有効利用はこれらです。

  • 車中でPCなど作業をする
  • 好きな音楽をヘッドセットなしで聞く
  • 独り、一切の音がしない車空間、自分空間で過ごす
  • 自分の言葉で自分自身へユックリと語りかける&会話をする
  • またに叫ぶ、、たまに泣く、、たまには独り笑いする
  • どんな悪天候でも問題なく外出できる
  • 家で居場所失くしたら速やかに車へ移動する、ビール片手に!?
  • 交通機関動いてなくても、24時間自由に移動できる
  • 失業しても自営業に使える、収入が2倍や3倍になる!?

どうですか? 

車って意外に使えると思いませんか? 

従って、独り静かに過ごしたい時は車へ移動します、ストレス発散したい時は車へもぐり込みます。

私の駐車場は通り沿いですが、ドア閉めて音楽流していれば 「気分はレンタルオフィース状態」。

日本最大の最新在庫4万台からレンタルオフィースになりそうな車を想像してみる!

車ってマジに使えるんです!

筆者の具体的車利用方法です!

初めの頃は、夫婦ケンカや外で飲みすぎた時の軽い酔いさまし目的で1時間ほどを車で過ごす程度でした。

徐々に読みたいを本を車に持ち込んだり、ヘッドセット無しで音楽聞いたりと、車での時間が増え続け、今では予備電源電とノートパソコン持ち込んで軽い仕事までしています。

車ってこんな使い方があるんだなぁあ、、です。  

その進化版が、上記にお伝えした「一番の有効利用」です。

真面目に、自宅以外に小さい部屋を借りてフリースペースとして使いたい、そう考えていた頃に今のカーオフィース利用方法を見つけました、敷金、権利金ゼロで!? 

自宅そばの駐車場では 「書斎」 であり、どこか公園や眺めの良い場所では 移動オフィース」「作業場」等々。

車ってスゴすぎかもしれません!? 

愛車が軽ワゴンなのもあり、趣味のロードバイクを積むか買い物くらいしかなかった行動パターンが150°?変わった感があります。

車に対する価値感が変わったきっかけとは何か?

昔、とても興味深いお話を聞きました。

仕事関係の集まりで、ある高齢な著名人を紹介して頂いたのですが、えっ、なんでこんな場所にこの方が、そんな感じです。

お酒も入っていましたので、趣味のロードバイクの話、その方が釣り好きであるお話、そして車の話題に・・・ 

「私は中古車しか乗らないんですよ」、そう聞かされ真面目に驚きました。

どうしてかですか? そんな私の問いに、こう返答ありました。

  • 新車で買っても直ぐ値下がりし、3年もすれば半額以下になる
  • 新車に初期トラブルがあっても、1、2年位で全て解消されている
  • 新車はもったいない、半額など安く買える数年落ち中古車で何も問題ない

その方は中古高級外車とお聞きしましたが、私がチョイスした中古軽も悪くない、そう感じたのを今でも覚えています!? 

もし、車購入で新車と中古を比較すれば、その金額差はどれ程になるんでしょうか? 

一生で購入するであろう車の台数にもよりますが、新車のみであれば生涯の車関係費用2千万円以上か? 

中古なら1千万円以下でしょう、もし中古車を沢山乗りかえたとしても!? 

どちらにしても住宅購入に次いで大きな車出費なのは間違いありません。

従って、車関係出費を最小限にすれば生活が楽になる、そうお考えください。

そして車があれば役立つだけではなく、思い出も一緒に作られて行くでしょう! 

車は移動の道具だけでない大切な相棒なんだ!

車では多くの経験、思い出があります。

何気なく過去の車遍歴を考えると様々なことが頭に浮かびます。

1台目の車は、運転下手でダメージさせてしまったり、交通違反、ゴッツンコもありました。

2台目は運転にも慣れて、片手運転、好きな曲を流しながら余裕でいっぱい!? それら車ごとに当時の友達、家族の記憶など沢山あります。

深夜の緊急事態で高速道路の追い越し車線をアクセル全開で走り続けたこと、などなど。

本当に多くの記憶が過去の愛車達から蘇ることに驚きを隠せません。

車遍歴、車ごとに違う100%独立した記憶が存在しています。

青のセダンからは、その時の人間関係や住んでいた場所、、、 シルバーのワゴンはいつも大好きな曲で歌い、、、 その時々の車を思い浮かべることで、当時の精神状態までが蘇る、、、です。

どうして過去の車達から、こんなにも明確な記憶が出てくるのか? 

そう思った瞬間に理解しました。

どんな時に、いつもいつも車と伴に行動していた自分があったんだ! 

私は、無意識に車に語りかけていた、車毎にそうしていたのかもしれません。

だから、こんなにもシッカリと人生の記憶と車が結び付いていたんだ、です。

今のアナタは車イメージがまだ固まってないのかもしれませんね? 

まぁあ、車は我が友、良き相棒と思ってきた私が少しアレなのかも知れませんが!? 

アナタの車所有イメージが漠然とした状態なら、最新の大量在庫アップしている中古車サイトを見続けること それをおススメします。

そうすることで未定から確定の車イメージ、用途が湧いてくるからです。

次は、2022年の車購入タイミングが得か損か、そのお話です。

2022年は車購入ベストタイミングなのか?

新型コロナで、世の中は大規模なシステム変更を余儀なくされている、それは間違いありません。

そんな世界規模なシステム変更余儀なくされても、何があっても生きなくてはなりません。

会社解雇されても、次の仕事が見つからなくても、生きなくてはならない、そうではありませんか? 

そうであれば、そうであるからこそ「自分で自分の人生を生きる」「自分で食べれる仕事をする」、私はそう考えます。※昔の私はそれら思いながら起業しました。

そんな時に車が必要なら「今が車購入のベストタイミング」、そうなります。

自分なら車使ったあらゆる仕事を比較する、1人でやれる仕事を見つけます。

もちろん、車を使わなくても「自分にしか出来ない仕事」「頭を使ったやっつけ仕事」、それら考えます。

まとめ前に、車と言う空間についてもう少しだけ書かせて下さい。

車という個人空間さえあれば自分を生きられる!

車所有では維持費など多くのコストが必要になります。

それでも車所有メリットはデメリットより大きい、だから生きやすくなる! 

車所有にメリット大と仮定すれるなら、車はその時々の人生で超使えるベストアイテム、そうなりませんか? 

それを、記事の最終結論とさせて下さい。

物理的には勿論、精神&感覚的にも「車は独りになれる空間」でもあります。

極端に言えば外界から完全遮断された狭い空間、誰からも声をかけられない個室!※ノック位はあるかもですが。

挨拶する人もなければ人の視線も感じない、ほぼ完全なプライベート空間、それが車なんです! 

車は移動する空間なので、自分だけの空間に居ながら、まるっきり違う場所へ移動できる、移動先の大気も空間も感じられる、です! 

そんな移動先の外界環境も精神に作用する、だから更にシャープな感覚や記憶になるのかもしれません。

そう仮定すると「車は自分の精神バランスを保ってくれる良き相棒&存在になり得る 皆さんは、これから出会うであろう愛車にどんなイメージを抱きますか? 

日本最大の中古車サイトで安らげそうな車を眺めてみる!

では、まとめです。

車買う&車買い替えるだけで変わる人生なんてあるのか?:まとめ

新型コロナでは派遣社員解雇から始まり、大企業や中小企業の正社員解雇もあります。

2020年12月からは有名大企業が希望退職者募集開始し、2022年月9現在も進行中です。

更に、新種コロナ感染は新たなウィルスで爆発的に拡大中! 

そんな中、アメリカではコロナが落ち着くのは2023年、ほぼ風邪と同じ病気として取られえられるのは2025年と言われています。

もし、それが現実になるのなら、とても多くの我々は生きられません。

だからこそ、車は自分だけの空間、車あればプライベートにも仕事にも使える&生きられる、、そうなります。

アナタはこの今を、これから先を、どうやって生きて行きますか? 

私なら今もこれからも車ありきの人生、それは間違いありません! 

本日も最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございました。

また、「探し物スリー!」でお会いしましょう!

⇒ 関連記事 「軽自動車って死亡事故率低かったんだ、」
⇒ 関連記事 「高速道路走る軽はターボしかない、、」