2022年7月後半そして8月、アメリカのTVニュースを見ていると「recession = リセッション=景気後退」その言葉をよく聞くようになりました。

特にアメリカ大統領やFRB議長(アメリカの中高銀行にあたる組織=日本の日銀と同じ組織)への質問でとても多く使われる言葉が「リセッション=景気後退」なんです。

もしアメリカがリセッション入りを認めれば、完璧に景気後退していることになり株価含め全ての経済が下がる、もっとヒドイ経済状況になるのは避けられません。

そんなリセッションになる途中若しくは同時にスタグフレーションになっているとも言えます。

スタグフレーションとは景気後退しているのに物価爆上げしている、給料が上がらない、高い失業率、それらを指しますが、2022年9月の今がまさにスタグフレーションにある、そう言って間違いないと思う自分です。

今回はコロナと戦争があるので通常のスタグフレーションとは違っても、我々に悪影響を及ぼすことでは同じ意味と考えます。

話を少し戻します!

もし、アメリカがリセッション(景気後退)を認めれば、日本などは吹き飛んでしまう位に影響力あるモノなんです。

そんな中、もしアナタが株投投資を考えているのなら危なさ過ぎる、それを知って下さい。

そんな過去の株式投資とギャンブル記事もお読みください!

株式投資の98%勝てない食べれない即退場しかないはナゼに?【信用取引は危険が危ない!】

読み時間2分がスタートします!

株式投資で儲けられるのは完全な株価上がり基調でしかない!

今から株式投資をしようとするアナタへアドバイスがあります!

株式投資の初心者が儲けられるとすれば、好景気で株式市場全体が上がり続けている状況&時期に限定されます。

その場合はこうして下さい!

毎日の株価をチェックしながら、ここ数日間とか週単位で上がり続けている銘柄を物色し購入する、そして数日後や数週間後に売れば儲かる、それです。

好景気であれば市場参加者も多く(特に海外からの)細かいアップダウンを繰り返しながら株価上昇していくからです。

それが株式投資を良く勉強している人なら気になる株価を10年単位でチェックしている、その期間内でいつ&どんな要因で上がり、下がったかを把握しているのでもっと多くの売買利益をゲットできるでしょう。

しかし、新しく株式投資に参入したアナタなら銘柄別の知識がないので、デイトレート(朝9時から午後3時)の勢いを見ながら、プラスデータ&マイナスデータを参考にしながらの売買しかありません。

それも複数の株価を同時チェックすることもあり微妙な動き(小さい上下動)を見すごしやすい、利益を得る為の大きく上か下へ向かうのかの判断を見誤ることもあるでしょう。

しかも、多くのアナタは少ない投資資金もあり気持ちがアタフタするだけで中々儲かるまでは至りません。

そんなデイトレードを繰り返しているうちに資金枯渇してしまうパターンがとても多い、若しくは自己資金を約3倍にする信用取引に手を出すことで借金を背負ってしまう、株投資から撤退せざる得なくなる、そのパターンは多く見受けられます。

株価下がり基調ではナゼに儲けられないのか?

まず、不景気でない時期であっても株式市場全体が下がり基調なら市場参加者が少ない、取引頻度も少ない、損切覚悟で㈱売却も多い、だから株価が下がります。

それが不景気な時期であれば尚更にそうなります、その傾向が強くなるのは間違いありません。

だ・か・ら・株取引経験の少ないアナタは儲けらる株を探せません!

株式投資で儲けるのなら好景気で株価上がり基調で行う、それがルールとお考え下さい。

上がっている強い株に飛び乗れば儲けられる確率アップになる、です。

こんな質問が聞えました、、、

不景気でも上がる株もあるのに株式投資はやってはいけないのか?

SNSではいろんな投資方法やってるよ、この株を買えば儲かるとかあるけど、どうなの?

ですよね、、確かにそんな○◇▽✖のSNSありますね。

それであってもこうお考え下さい。

こんな不景気に株式投資推奨する誰かは団体はきっと何かしらの意図を持っている、怪しい、それです。

それ以前に上がる株を知っている誰かや団体があるなら自分達だけで買えば良いのに?何でSNSで人を誘って買わせようとするんだ?

そう思いませんか?

最近のSNS広告では「株は上がっている時に買え」、下がっている時はじっと我慢の子で何もしない、、等々ありますが無理です。

何が無理かと言えば、その日の取引後なら上がる株価は分かっても、現在進行形の株式市場で細かい上下動繰り返す株価、どっちへ行くんだ、どこまで上がるんだ、いつ下がるんだ、それら予想はとてもムズカシイ、株式投資プロの領域、そうなるからです。

それもあってデイトレード開始5分、10分での動きを見ながら上だ、下だ、それを瞬時に判断しながら儲ける技術を持った人達も多くいます。

しかし、そのデイトレードも朝8時半ころからの株価動きを見続け、そして9時オープンの株式市場の動きと照らし合わせながら売買決断する高度なテクニックが求められるんです。

初めの添付記事にも書きましたが、株式投資で最初から良い結果を出せる人はいません、存在しません。

長い勉強、そして損をし続けても株式投資を止めない人達だけが生き残れるそんな世界なんです。

従って、少ない勉強で資金で投資期間で儲けられるのは全体の1%や2%人達になる、そんな人達には何かしらの才能があると考えます。※個人の意見

株式含め投資コンサルのウソピョーンばかりのナゼに?

投資コンサルタント、経営コンサルタント、それら人達の指示で投資をしても、任せても誰もが儲からない、大きな損失をだしてしまうのはナゼなんでしょうか?

まず、コンサルタントには資格不要であり、その人がコンサルタントと名乗れば、名刺にそう書けばそうなります。

だ・か・ら・不定期にコンサルにダマされた等のウソピョーンがある訳です。

私もたまに無料で(ディナー付き+ワイン飲み放題)人の相談を受けますが、そんな相談者らには必ずこうアドバイスしています。

SNSにあるこの株を買えば儲かる系の話でも、上手い儲け話でも(楽しても儲かる系)、それを人に話す時点で「こいつは怪しい」、そう考えるべき、そうアドバイスしています。

そんな簡単に楽にお金を儲かられるのなら自分だけでやれば良いのに、それをなんで人に話すのでしょうか?

こんなチャンスは二度とないかもしれません、とか、おバカを言ってくるのでしょうか?

理由は、その人達の職業は詐欺師だから、もし警察に逮捕され裁判にかけられても懲役1,2年でシャバに戻れるからです。※個人の考え含む

あり得ませんが、ナゼか多くの若い人達は「ラッキー、儲かるんだ」、それだけに意識が集中してしまいます、周りの人達も巻き込んでの詐欺被害にあってしまいます。

是非、お気をつけください。

株式投資とギャンブルがとても似ているのはナゼに?

昔から思うのは、株式投資とギャンブルは似ている、それです。

これも添付記事に書きましたが、統計学と経験と勘(場にあるゲーム参加者の向いたカードの種類と数、そしてディーラの持つカード予想)でディーラーのカードは読めて勝てても(ブラックジャック)、勝てる確立があがっても株式投資ではそうなりません。

それは参加者の顔も思惑も何株を買ったか売ったかの想像が難しい、もちろん画面上の売買データ売買数は見れてもスピードに勝る自動売買システムには勝てない、勝つにはそれを越えた流れを読オスしなくてはならなりません。

従って、特に素人が株式投資では勝つのは難しい、そうなります。

最近のテレビCMにそれを象徴するモノがあります。

人気のチケット購入でスマートフォンから手入力している間にチケット完売でダウンする女の子!

CMでは○○○○○に登録したカード番号はワンクリックで送信できる、そうあったやつです。

世の中、全てスピードが求められている、それは株式投資でも同じなんです。

考えている間に、見ている間に株価が動き売買チャンスを逃してしまう、、、、

し・か・し・プロの人達は瞬時に売買データ入力できる自動売買システムを使いながら素人からお金を巻き上げる、それです。

その件も添付記事に詳細あります。

それにも増して、右肩上がりの好景気に経済なら勝ちやすくなる株式投資でも、2022年現在の右肩下がってしまった超不景気なら株価は読みづらく勝てる確立はオモイッキリ下がってしまいます。

是非、ご注意下さい!

株式投資してもOKなのはお給料ある会社員限定になる!

アナタや私にお給料などの安定収入あれば、もし株式投資で少し損してもナントかなります、信用取引の借金も時間をかければ返済可能になるでしょう。

しかし、無職で収入が無い場合には株式投資の損金はどこからも補てんできません。

そうなればどこから借金をすることになる、最悪は自己破産もある得る行為なので余裕資金ある状態、安定収入ある条件で行って下さい。

ここまで書かせて頂きましたが、やはり株式投資は一種のギャンブルである、そう感じてしまいます。

それでも株式投資には投資対象となる企業があり、その企業の資金運用が株価上昇で良く成れば社会貢献になる側面はあります。

逆にギャンブルは社会貢献にはならない、なり難い、ギャンブル運営組織だのメリットに限定される、それが違いではあります。

将来に大変身するであろう株を買って忘れる方法もある!

ここまで株式投資のリスクばかり書いてきましたが、アナタの気持ちは消沈ですか!?

株式投資とギャンブルの違いをもう1つ挙げるとすれば「自由な投資時間を選べる」と「その場限りの投資時間」があります。

アナタがデイトレードなど毎日5分、10分、1時間で株売買するのではなく、今は安い株価でも将来に必要とされるサービス、システム、商品を供給するであろう会社の株を少しずつ買い続ければ何も不安になりません、アナタの運用資金が減ることもありません!

それどろこか将来に売却すれば購入時平均で10倍、20倍、もっとあるかもしれません。

将来の会社成長にも期待もできる、勿論、長期保有では株価アップダウンはあっても5年や10年後には大化けしているかもしれない、それって夢があります、そして日々のエネルギーにもなります、使える株式投資法です。※個人の意見

ちなみに安い株価なら100円、数百円単位などでOKです。

もし、それら株価が1万円、数万円などに変身すれば最高と思いませんか?

では、まとめです!

株式投資で儲けるには危険が危ない時代に突入済!?:まとめ

私個人としては日本にも公営ギャンブル場が早く開設されないかなぁあ、それを期待しています。

カードのブラックジャックなら勝ってやるぞ、その想いがフツフツのマグマ状態にある自分だからです。※詳細はTOP添付記事をお読みください。

そして株式投資なら、いつ日にか好景気が日本に訪れることあれば買いますが、それまでは将来に大変身を遂げるであろう数百円以内の株を何種類も買い続ける、そう考えています。

アナタは何をどうやってお金を増やしますか?

本日も最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございました!

また、「探し物スリー!」でお会いしましょう!