車が旅先で故障した時のベストな対処方法をご存知ですか? 

運よくJAFや保険会社のロードサービスが直ぐに来ても、車は早く修理しなくてはなりません、どうしても! 

旅行で車が故障する場所は必ず家から相当に距離が離れた不便なところで起こる、それって何故なんでしょうか? 

それを運が良い悪いとか考えがちでも、起こったトラブルにどう対処するか、解決するか、それしかありません。 

旅行シーズン前に知っていれば、損どころか、お得になる内容です。 

読み時間1分がスタートします! 

●なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは●

突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)

「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!

「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。

一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

万が一の故障には国産車がとても便利!

国産車なら全国ディーラー網があり、故障でもロードサービス使ってすぐ近場のディーラー整備工場に運べます。 

従って、移動や旅行を続けられる確率がとても高くなります。 

そうなる最大メリットは、現地ディーラーから代車を借りられる可能性もあるからです。 

これが輸入車なら、販売代理店の少なさからして無理かもしれません。 

上記で可能性としたのは、全てのディーラーで代車を用意していない、だからです。 

それでも修理車を預けることでディーラーに利益発生する、だから可能性としました。 

そんな旅行中の故障では、車購入した地元ディーラー、担当者に電話1本して事情説明さえすれば、アナタがいる現地ディーラーと打合せしてもらえるでしょう。 

アナタはJAFに入っている、任意保険ロードサービスもある、だから安心、そうお考えかもしれませんが、それは故障車を運ぶ手段だけの安心です 

アナタが最優先ですべきはこれらです。 

「車を早く修理すること」 
「何とか旅行を続けること」 

そのためにも国産車ならば安心で便利、そうお考え下さい。 

ただし、国産車でも10年以上の中古車は修理部品無い、取り寄せ、旅行即中止の可能性大かもしれません。

とても簡単なトラブル予防方法とは何か?

久しぶりの超距離ドライブでのトラブルはパンク、バッテリー上がり、ガス欠が一般的です。 

学生時代に南紀白浜へ車旅行し、パンクとバッテリー同時に経験した際に、小さい町の整備工場でこう言われました。 

「普段から車に乗ってないだろう」

「遠出する時はタイヤ、バッテリー確認は必ずだよ」 

でした。 

その整備士からは、車トラブルで運ばれてくる多くはタイヤ、バッテリー、あとガス欠だとも聞かされました。 

それから車の勉強をし、定期的なオイルチェック、スリップサイン前にタイヤ交換&ローテーション、バッテリーにも注意を払っています。 

さらにトラブルでのタイヤ交換、チェーン装着もJAFを呼ばずに出来る様になりました。

任意保険に入っていても安心じゃないのか!?

任意保険に加入していれば旅行に安心、そう勘違いしていませんか? 

旅行中の車トラブルはショックで焦ってしまいますが、単純故障の修理に保険屋さんは使わない方が良い、そうご理解下さい。 

もちろん、事故修理ではないので保険屋に電話する方はとても少ないと想像しますが、保険屋さんを使ってはダメです。 

保険屋は必ず取引系列や契約関係ある整備工場紹介するので、アナタの自費修理であっても、時間とお金が余計にかかってしまう可能性があります! 

それは手数料、口利き料のせいかもしれません!? 

冒頭に書かせて頂いた様に、万が一の故障ではアナタが車購入したディーラーと担当者に電話依頼すれば安心できる部分がとても大きくなる、そうお考え下さい。

旅行前の車チェック方法とは何か?

旅行前にディーラーで車チェックしてもらうことの大切さ! 

チェックの際はディーラーへ「車で旅行する予定があるそう必ず伝えましょう。 

そうすれば、いつもよりも入念に車チェック&調整してくれるからです。 

そんな流れの中で、もし旅行中に車故障が起きたとしたら、アナタのディーラー担当者は色んな意味で便宜を図ってくれる、最善を尽くしてくれる、それは確かです。 

例えば、旅行先近辺でディーラー所在地、整備工場などスグに調べて教えてくれるでしょう。 

更に、自宅に戻った際にも、無料で車の再点検をしてくれる、それは間違いありません。 それは、私も経験しています。 

定期点検した直後の車で成田空港へ向かう途中、故障示すサインが出たので直ぐにディーラーへ電話しました。 

そのトラブルで100%運転できないはありませんでしたが、帰国する迄にシッカリ整備してもらえた記憶があります、とても丁重に! 

実は、ディーラー担当者が成田の民間駐車場へ車取りに行き、出張中に修理し戻してくれていたからです。

中古車店で購入した車がトラブルになったら?

その場合は、ディーラー購入した新車ほどのやりようはありません。 

理由は、中古車販売店の最大手だとしても全国展開していても全都道府県、各市町村に系列店がある訳ではない、だからです。 

それでも、最大手チェーン店なら最大500店舗以上もあるので少しは安心、そう考えます。 

⇒ 日本最大460店舗以上もあるガリバーなら全店舗で使える保証あって少しは安心です!【検索無料】 

やはり、可能なら、翌年の保険料に悪影響あるかもしれない関係整備工場に持ち込まれるのは避けたい、それが本心です。 

加えて、保険会社系列の整備工場は「故障修理代金がナゼか高い」「不要な手数料が取られている、だからです。 

車って故障すると本当に不便なんです。 

従って、様々なトラブル回避のために、旅行の前には十分な準備が必要となります。 

では、まとめです。

旅行先で車が故障した、突然に!:まとめ

色々と書かせて頂きましたが、アナタが車を購入したディーラー、営業マンとは日頃からコミニュケーションを取ることをおススメします。 

そうすることで、より安心、そしてお得なカーライフが可能となるからです。 

私の場合は、ディーラー営業マンと同じロードバイクが趣味なので仲良くなりました。 

今はたまに飲んだり、一緒にロードバイクしたりと交流があります。 

本日も最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございました。 

また、いつか「探し物スリー!」でお会いしましょう。

→ 関連記事 「災害に強い車にする方法がある、、」