頭金なしで200万円の車購入:サムネイル

当記事がいつも検索1ページにあり続けられるのは、多くのアナタ様に読んで頂けているお陰であります。

心より感謝申し上げます!

今後とも、最新情報あれば定期&不定期に記事更新して参ります。

では、記事スタートです!

車を全額ローン購入するなら払わなくても良いお金まで払う、それをご存知ですか? 

払わなくても良いお金、それとは高いローン金利のことです! 

  • ディーラーローンなら3.5%(ホンダ)~7%前後(トヨタ)、
  • 中古車ローンならキッパリ10%(ほぼ固定)、※ガリバーだけ9%金利採用!

 アナタや私が払うローン金利が金融機関(信販会社含む)を食べさせていると考えれば、なんだかなぁああ、ではありませんか? 

そうであってもローン使うのは仕方ありません。 

それは、いざと言う時に大切な現金を少しでも自分で持っておけるからです。 

しかし、ローン関係費用は可能な限り減らしたいと思いませんか? 

金利含めたローン関係費用減れば、きっとアナタの車購入に役立つ、それは間違いありません!

 読み時間3分少しでも、アナタに必要なところだけお読みください!

頭金なくても200万円の車購入で問題ないのか!?

アナタに貯金があってもなくても、車の現金払いはお勧めしません、止めてください、ダメです、絶対に! 

理由は、デフレ時代の今はこうなっているからです! 

ローンがお得な訳
  1. ローン金利が安い、
  2. 車ローン元金(車代金)も小さい、
  3. ローン期間も短い(数年~5年程)、
  4. 上記1,2,3により金利負担がとても小さくなる(安い)、
  5. ローン支払総額に占める金利部分はとても小さくなる、
 車はローン年数短いので金利負担が少なくなります。※住宅ローンは35年と長期であり、金利1%の違いが100万円単位やもっと大きな金額差になる 

そうであれば、手元に現金さえ残しておければ絶対いつかどこかで有効利用できます。 

加えて、ローン金利は100%固定の決まり切ったものでなく、車ディーラー(中古車店)によって差がありバラバラです。※中古車店のみ金利10%がほぼ固定、除くガリバーの9%金利 

ローン金利は車ディーラーや中古車店独自に決めているのはご存知ですか? ローン金利にはディーラーや中古車店の取り分&利益が入っていて金利もバラバラなんです。 

そんな標準若しくは正しいとされる金利が存在しないから金利値下げ交渉ができる、そうお考えください。 

では、どうして全額ローンが得になるのか、それを1つずつお伝えしていきます。 

その前に全額ローンには種類がある、そのお話を先にさせてください。

全額ローンには種類があった!

銀行マイカーローンであれば、車両代金+手数料+年間維持費まで借りられます、それも低金利で。 

つまり、全額ローンの範囲はとても広くなります 

ディーラーや中古車ローンであれば、車両代金しか借りられません。 

し・か・も・高金利(4~10%)です! 

それら簡単にお伝えするとこうなります。 

銀行マイカーローンなら5日審査あっても、車購入関係費用全て借りられて金利が安い+車所有権まで付く!※車種有権はとはローン途中でも自由に売却できる権利です。 

ディーラーや中古車店ローンは1時間など簡単審査でも、車両代金しか借りられず金利が高い+車所有権がない
※車所有権無ければ
ローン完済するまでは売却できません!
※車所有権有り=車検証名義が自分名=ローン期間中でも売却できる 

では車両代金+車諸費用まで借りられる銀行マイカーローンからお伝えしていきます。

車諸費用もローンにできるメリット①

銀行マイカーローンなら車本体価格+手数料関係費用の全てローン可能になります。 

毎月かかる維持費もローンにできるので安心です。※ディーラー&中古車ローン(信販クレジット)は車購入費用のみ借りられます。 

それが可能なのは銀行マイカーローンしかありません。 

車購入で諸費用まで借りられる銀行マイカーローンであっても、その他こんなお金がかかるので現金別途キープはしなくてはなりません 

  • 毎月の駐車場、
  • ガソリン、
  • 高速道路(有料道路)料金
  • 税金(自動車税は毎年)
  • 車検(新車は3年、中古車は2年
  • メンテナンス費用
  • 任意自動車保険

 特にローンでは支払えない任意の自動車保険にはどうしても加入して下さい。 

車所有者に加入義務がある自賠責保険だけでは、万が一の事故補償はほぼ不可能、だからです。 

シツコイ様ですが自賠責保険だけでは万が一の事故補償に不十分であり、もし大きな事故なら数千万円程度の補償額は弁護士費用だけで消えてしまうからです。 

アナタが大きな事故加害者になったのであれば数億円単位のお金が必要になるケースも考えられ、任意保険加入は120%必要だとご理解下さい。 

個人の意見ですが、任意保険加入しないのなら車購入してはダメです!

車諸費用もローンにできるメリット②

銀行マイカーローンに諸費用+数か月間の車維持費も含められ、銀行によっては免許取得費用まで借りられます。 

ディーラーや中古車店ローン(信販クレジット)では車代金しか借りられません、使えません。 

車本体+諸費用+年間維持費まで貸してくれるのは銀行マイカーローンしかありません。 

どうして銀行マイカーローンだけが諸費用どころか年間維持費+免許取得費用まで貸してくれるのでしょうか? 

それも2~3%の低金利だけで貸してくれるのはナゼでしょうか? 

理由は約5日間の信用調査を行って融資するからです! 

信用調査してこの人ならお金を貸しても良い銀行側がそう判断したからです 

だから車両、諸費用、年間維持費まで貸してくれるとお考えください。 

融資基準もゆるく、定職があって年収200万円以上の人が使えるのが銀行マイカーローンです。※定職には正社員、アルバイト、派遣、パートが含まれます。 

銀行マイカーローンが使えれば、低金利だけではなく車所有権=車検証名義もアナタなのでローン期間中でも車売却が自由にできます。 

次ではディーラーや中古車店でローン客が歓迎される理由を知ってください。 

少しだけ腹が立つかもしれませんが、、、お読みください!

車販売店がローン顧客大歓迎するのはナゼなのか?

どうしてディーラーや中古車店でローン顧客が大歓迎されるのでしょうか?  

どうして頭金なしの全額ローンができるのでしょうか? 

理由はこうです。 

ディーラー&中古車店ともローン引受先である信販会社から手数料がもらえる、だからです! 

そうです、アナタが支払う高いローン金利からバックがもらえるディーラー&中古車店なんです。 

そのバックは顧客紹介手数料と呼ばれています。 

ローン組むのも、お金を出すのも、新車ディーラーや中古車店がするのではありません。

 車販売店はアナタをローン引受先である信販会社に紹介する役目としてだけ存在しています。 それだけでバックと呼ばれる手数料が入る、美味しい!?仕事なんです。 

そんなローンもう少し詳しく知ってください。 

ディーラーと中古車店で使える信販会社ローン銀行マイカーローンは全く違うモノだった、それをお伝えします。

信販会社ローンは月賦販売のことだった!

ディーラーや中古車店で使える信販会社ローンはこんなシステムです。 

信販会社ローンシステム
  • 信販会社は販売店側(新車&中古車店)にアナタの車購入代金を支払う、
  • アナタは信販会社にローン返済する、
  • ローン完済されるまでは車検証所有者名義はアナタではなく信販会社
  • ローン支払い中は車売却不可能
 ディーラーや中古車店で使える信販会社ローンが簡単&短時間に借りられても、高い金利負担と車所有権がありません。 

信販会社はアナタの車を担保に取っているので簡単にお金を貸してくれるんです。 

販売店は信販会社にアナタをローン顧客として紹介する、その見返りに手数料が入る仕組み&ビジネスと理解してください。 

従って、ローン利用するアナタは販売店と信販会社両方から感謝される図式になりませんか!? 

名前はローンでも実際は信販会社=クレジット会社経由で車を「月賦購入する」、つまり月賦販売と同じだとお考え下さい。 

だからディーラーや中古車店で簡単にローンが組める、そうなります。

銀行マイカーローンだけが正式融資方法だった!

銀行マイカーローンは車も担保に取らず、アナタ個人にお金を貸すシステムなので大変なんです。

マイカーローン借入審査は、個人情報を審査するので約7日かかります。 

そんな銀行マイカーローンはこんなシステムです。

銀行マイカーローンのシステム
  • 銀行マイカーローンは販売店側(新車&中古車店)に車購入代金を支払う
  • アナタは銀行マイカーローン返済をする
  • 車検証所有者名義は始めからアナタの名前になっている
  • アナタが所有する車なのでローン支払い途中でも自由に売却できる
 審査に約5日前後かかったとしても車検証所有者名義はアナタになるので、ローン途中でも車売却が自由になるのが大きな違いです。 

銀行はアナタの信用に対してお金を貸すので、車をいつどのようにしようがアナタの自由、それが銀行ローン最大メリットと考えてください。 

そんな便利で有益なローンに対して、絶対に使ってはダメなローンがあります。

絶対に使ってはダメなローン種類がある!

絶対に使ってはダメなローンはこれらです。 

使ったらアウトのローン
  • 消費者金融、
  • 銀行カードローン、
  • 自社ローン、
  • 残価設定ローン、
 それらは必ず覚えておいて下さい。

 使ってダメな理由はアナタが大損をするから、損しても何も得なことがないからです。 

そんなダメなローンを個別に説明します。

消費者金融やカードローンなら終わる可能性大!

消費者金融やカードローンなら金利18%もあるのでダメなのはお分かりでしょう。 

もし中古車カードローン購入できても&毎月定額払いにしてもこの現実です。 

他の借入+金利18%前後=借入金額が自動的にどんどん増える=自己破産も可能性大。

残価設定ローンはウソくそでしかない!

新車ディーラーや大手中古車販売店で宣伝しているからって残価設定ローンを信じてはいけません! 

残価設定ローンがダメな理由はこんな問題を抱えているからです。 

  • 残価設定ローン金利は車半分ではなく、初回支払から車全体100%へ金利支払システム
  • 残価設定ローン1.8%でも、トータル支払いでは高い金利となる
  • 3年後に約束金額で車を買い取ってもらえない問題が多発している
  • 残価設定ローン中は走行距離が決められている、傷つけられない、簡単なエアロパーツも取り付けられない、
  • 上記の結果として車を楽しめない+完済できない可能性

 残価設定ローンは車値引きほぼゼロ、毎月の走行可能距離も決められている、車にキズを付けれない、結果的にとても損なローンであるとお考え下さい。 

残価設定ローンは新車ディーラーでも中古車店でも利用できますが、ローン期間中は安い支払いで返済が楽になるとのうたい文句とは大違いで支払リスクが高過ぎます。 

そんな残価設定ローンの総体的な高金利(=リスク)、買い取り価格問題が原因の自己破産がアメリカでは社会問題化し、日本もそれが進行中とお考え下さい! 

ちなみに、アメリカでは第二のサブプライムローンと呼ばれているのが残価設定ローンなんです。

そんな残価設定ローン記事も確認下さい!

車版サブプライムローンの残クレ使えば大変なことになる!

最悪な自社ローン使うのは危険が危な過ぎる!

最後に金利0%をエサにしている自社ローンは保証人を要求し、万が一には保証人にも被害が及ぶので止めてください。


  • 利用金額が限定され、
  • 高額な値付け、
  • 車値引なし、
  • ローン支払い遅れれば即に車両回収、
  • 保証もあってない状態、

 絶対に使ってダメなのが自社ローンとご記憶ください。 

記憶しましたか? 

アナタが自社ローンを選ぼうとする理由は不明でも、使って損はあっても得は絶対にありません。 

そんな自社ローンを使う位なら、大手中古車店でシッカリ保証付きの激安車を買う方が10倍は安心できます。 

10万円や20万円でも3カ月や半年保証が付いているのは大手中古車販売店だけなんです! 

もし、予算20万円や30万円なら1年や2年保証もあるからです。 

⇒ 予算50万円以内でも長期保証で安心安全な車が探せるガリバーを見てみる【検索無料】 

次は使っても問題ないローン、使っても良いローンはどれなのかお伝えします。

使っても良いローンとは何か?

銀行マイカーローンやディーラーや中古車店の信販系ローン(クレジット)なら安心して使えます。 

主要ローン金利
  1. 新車ディーラーローン金利4%から7%前後
  2. 中古車店のローン金利10%前後
  3. 銀行マイカーローンなら金利2%~3%前後
 ローンを利用するポイントは金利が高い店では必ず金利値引交渉をする、そして金利が低い店なら車両&オプション値引交渉を忘れずに! 

新車ディーラーや中古車店ローン(信販クレジット)の審査時間は5分から1時間以内です。 

そして3月、9月、12月であれば金利値引キャンペーン行っているので、金利の数%値引されている、そうお考えください。 

銀行マイカーローンなら金利2%~3%と安くても、審査期間の約5日間を嫌う人がいるかもしれません。 

でも&しかし車所有権は初めからアナタ名義なので、銀行マイカーローン途中でも売却可能なのは大きなメリットです。 

誰であっても、万が一の時には車を売却してでもお金が必要になることがあるからです。 

そんな銀行系ローンがベストであっても、借入に際してこんなテクニックが必要です。

銀行の種類で借りやすい&借りにくいがある

銀行と名前がついても種類があります。 

その中でもお金を借りやすい&借りにくい銀行があります。 

とても借りにくいのは3大メガバンクと言われる、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行です。 

借りやすいのは銀行名に地名(県、市など)がついた地方銀行。 

信用金庫などもありますが、体力が弱く金利も高めなのでお勧めしません! 

従って、使いやすい&借りやすいのは地方銀行(全国で102行)とお考え下さい。

地方銀行が借りやすいのには理由がある

地方銀行が借りやす理由はこれらです。 

地方銀行が他より借りやすい理由
  1. 不景気によって法人など中小企業への融資が激減している
  2. 新たな融資先として、個人融資に力を入れ続けている
  3. 地方銀行が104行もあるので、銀行間での融資競争がスゴイ
  4. 融資競争の中で一番改善している&力を入れているのが融資基準の緩和
  5. 緩和内容は職種、勤務期間、収入金額などの基準を下げた
  6. アルバイト、パートでも定期収入さえあれば借りられる
  7. 保証人不要
  8. 銀行マイカーローンなら2~3%低金利
  9. ローン最中でも車売却できる個人名による車検証名義
そんな地方銀行全てが生き残りをかけて融資顧客を探している、他銀行に負けないように融資基準を緩和し続けている、それが現実です。 

だ・か・ら・銀行の事件が多発しているんです。 

1円でも利益を上げるために、不正と分かっていても不動産や建設関係など事業資金融資で不正を続けている。 

そんな必死な地方銀行の最後の砦は、数十万~数百万円を貸せる個人向けローン=マイカーローン等なんです。 

銀行の儲け頭であった住宅ローンも激減している中、融資金額が高めのオートローン顧客を取り合っている、それが2020年の地方銀行だとお考えください。 

我々も生きるのに必死ですが、銀行マンも同じなんです。 

得する地方銀行マイカーローンであっても、得する車ってあるんでしょうか?

ローン使っても得する車購入①

どうして車が必要なのかは人によっていろいろです。 

車がどうして必要で何に使うかは各人の問題なので、どうこうアドバイスはできません&しません。 

でも1つだけアドバイスさせてください! 

アナタにとってペイする車を買う、それだけです。 ペイする車とはこうです。 

  • アナタの生活に役立つこと、
  • アナタの車購入額以上に役立つこと、
  • アナタを楽(便利)にさせること、
  • アナタを楽しませること、

 少し余計なお節介かもしれませんが、もしご自身の現状と将来を見通せたとしても3年程度が限界です。 

そうであれば、今の生活にベストマッチした低価格の車を購入して3年間を楽しんでください、役立ててください。 

アナタの4年後や5年後なら不確定要素が多すぎて誰であっても何も想像できません。 

ハッピーな将来の確定要素である結婚&家庭を持つのであれば、車は軽からミニバンに変えなくてはなりません。 

その際は新たに役立つベストマッチな車、ペイする車を購入してください。 

それを可能にするには安い中古車を乗り継ぐこと、それに間違いありません。

ローン使っても得する車購入②

個人的な話ですが、海外1号車はオンボロ故障だらけの欠陥車、帰国してもお金がないので弟から艶消し塗装!?のホンダをただでもらいました。 

その後も生活の変化で車を変え続けましたが中古ばかり、でも本当に助かりました、車に助けてもらいました。 

そうこうしながらでも主要ドイツメーカーは新車&中古でほぼ制覇。 

そうできた理由は多くの中古車で頑張った!?からなのかもしれません。 

私はそうやって15台以上も所有してこれました、それもその時々の自分にベストマッチな車ばかりで!? ベストマッチとは用途+買える価格の意味です。 

ベストマッチな車なら、仕入れて10日以内のフレッシュな在庫を定期的に入れ替えている大手車店で探すしかありません。

そんな大手で人より先に目ぼしい車を見つけるしかありません。

 ⇒ 日本最大460店舗もあるガリバーでフレッシュな非公開車両チェックする【検索無料】 ※非公開車両とは仕入れて7~10日以内の車、整備中に車、店頭に並べられる前のフレッシュな車です。 

まとめ前に、もう1つお伝えします。

ローン金利だけが絶対ではない現実!

ローンでも金利が強く影響する買い物とそうでないものがあります。 

0.1%の金利差でも強い影響を受けるのは、住宅ローンなど数千万円の大金を借りる場合です。 

理由は、借入金額の大きさx35年など長期借入期間があるからです。 

たった0.1%の金利差でも、35年後には数十万円どころか100万円単位に大変身する場合がある、そうお考えください。 

車ローンなら借入金額少なさ+3年や4年間など短期借入なので、金利差2%や3%があっても金利は大変身しません、そうなりません。 

そうであれば、車購入ではアナタのお金を全部使わないことが大切です! 

ローン使っても、万が一に大切な現金必ずキープする、貯金全額に手を付けることはしない、です。 

ろんな考えあるでしょうが、私はローン使っても貯金キープ派でした! まとめ前に値下げ交渉の重要性をお伝えします。

値下げ交渉すれば得しても損はしない!

ディーラーや中古車ローンを使うのであれば、金利値下げ交渉は必然です。 だって車ローンは口利きビジネス、手数料ビジネス、美味しいビジネスだからです。 

従って、金利値下げ交渉はどんどん進めてください。 

個人のアドバイスでは、金利全体を100%とすれば、約30%前後を値引目標にしてください。 

  • ディーラーローン金利6%なら4.2%へ
  • 中古車店ローン金利10%なら7%へ※ガリバーだけはローン金利9%です。

 金利値下げでも中古車値下げでも、その効果が1万円以上になれば大きいと思いませんか? 

1日分のアルバイトと同等であり、スゴイ金額と考えられませんか? 

銀行マイカーローンは始めから低金利2~3%で値下げ交渉できませんが、車所有権が付くので得しかありません。 

ただし、5日間の信用調査されますがネットなので待っていればOKです。 

アナタが特に何をすることもありません。 

是非、頑張ってトライしてください! 

⇒ 気になる中古車を探す!

まとめ前に、今の生活に直結する最新経済記事もご覧ください!

ガソリン価格補助金が来春終了なら生きられなくなるのか?【国民多くが貧しくなる!】

では、まとめです。

頭金なしで200万円の車購入は可能なのか!?:まとめ

安い金利+頑張った車値引き交渉が成功ならOKです、現金は貯金はほぼ使わずにキープすれば安心です。 

不思議なんですが、お金ってボーナス期に必ず何かあって使うことになる、そう思いませんか? 

そんなボーナス期の出費や突然の出費に対応できれば「安心」、それしかありません。 

もし今回に使うのが銀行マイカーローンなら、返済後に借りる新たな銀行ローン(マイカーに限らず一般融資など)なら、とても楽に短期間で借りられます。 

理由は、アナタは信用ある人、お金を貸してもOKな人、そう銀行記録されたからです。 

それがディーラーや中古車ローンであっても、銀行マイカーローンであっても、頭金なし全額ローンにするのなら、万が一の現金キープができる、そうお考えください! 

万が一の現金は必ずキープ、それは絶対ですよ! 

本日も最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございました。 

また、探し物スリー!」でお会いしましょう。

⇒ 関連記事 「派遣社員がローン通りヅライってナゼ、、」
⇒ 関連記事 「自社ローンだけは使えない、、」
⇒ 関連記事 「車買えない貧乏状態でもローン通せるのか、、」