老後を迎えて、車はたまの買い物や通院くらいにしか使わない、そうではありませんか? 車維持にお金がかかり過ぎる、売ってしまいたい、それもあるでしょう。 そんなアナタに有効活用方法を知って欲しいそう考えました。 

そう考えた訳は、古くても車さえあれば、運転できれば、車は必ずアナタを助けてくれます! 時刻表が当てにならないバスを待たなくても、マッハ(古っ)のスピードで思った時に思った場所へ移動できる、早朝&深夜を問わずにそうできる、それが車なんです!!! 

早朝の病院へ電車やバスで向かう、診察券を入れる、それは疲れすぎです。 もし記事にない問題があれば、下記で確認して下さい。 ⇒関連記事「60歳の車選びを考えたらモー大変!」 

では読み時間2分がスタートします!

車はアナタだけの居場所になる!

特に平日の昼間に趣味の自転車(ロードバイク)で走っていると、年配男性のこんな光景をよく見ます。 

  • 車の中で本や新聞を読んでいる
  • 何か音楽を聴いている様子
  • リクライニングにして寝ている
  • 考えごとをしているような真剣な表情
  • 独りお茶をしている
  • 車内に居ないので釣りかも?

 そうなんです、車があれば取りあえず外に出て自分の時間を過ごす場所になるんです。 そんな車がアナタの居場所として最適になる、それにはこれら意味合いがあります。 

  • 人が大勢いる場所は好まない、
  • 喫茶店では長い時間が過ごせない
  • 図書館では面倒な人間関係が発生しやすい
  • 家には趣味が違う連れ合いが居る(連れ合い=男&女)
  • 友達が居ない&とても少ない
  • お金がかからないで過ごせる場所がない

 もっとあるかもしれませんが、ロードバイク仲間の60歳以上の方々からこれら意見を頂きました。 実はそんな年配のロードバイカー達の誰もが全く同じ経験をしていました、、みんな同じだったんです! 決して、アナタだけが特別ではないんです。

意図しないと意識しないと見つからないモノがある

自分が本当にしたいことは、余程に意図しないと意識しないと見つけられません! 

定年後は家で好きなことができる、時間が自由に使える、そう漠然と考えていたのが間違いだった、それをロードバイクの先輩達(3人)から聞きました。※みんな60歳から70歳前半です。 

一体、何がどう間違いだったんでしょうか? 

  • いざ自由な時間ができても家に居れば飽きる、
  • 妻とは趣味も好みも全く違う、
  • 家では妻とも誰とも会話が無い、

 結果として「ダンナは外で元気であればそれでイイ」、そんな昔にあるパターンの繰り返しのようです。 でも&しかし、毎日、友人と会えるはずもなく、これといった趣味もない、では何をどうすれば良いのでしょうか? 

そこでやっと見つけたのが自転車、ロードバイクで一日中走る、ヘルメット&サングラス&派手な格好のアレです! そんな72歳は毎日ロードバイクで走り山坂道などなんのその、時速50キロ近く出せていました。※私と並走した時の速度計が51キロを示していました。 

72歳でそれだけの脚力なら相当なものです。 近所の理容室マスターも70歳なのに火曜日は仲間とロードバイクと聞きました。 し・か・し、そんな年配ロードバイカー達にとって雨の日は朝から悲しくて仕方がありません。 

  • 自転車に乗れない、
  • 天を仰ぎながら大きな呼吸ができない、
  • すれ違う自転車仲間にチワッスできない、
  • 独り大声で叫べない、
  • 心地よい汗をかけない、
  • だから家にこもるしかない、
  • 家では息苦しすぎる、

 上記コメントから分かる様に!?ロードバイクはとても素晴らしい趣味であっても、全ての年金生活者に当てはめることはできません。 では、そんな趣味の無い人達は何をどうすれば良いのでしょうか?

やりたいことがない時は何をどうするの?

老後の仕事も給料安くキツくても、それ以外の時間に何もやることがないなら超大変なんです。 

  • 家は苦手、
  • 特別な趣味も持ちたくない、
  • 友達も近所にいない、

そんな人達の話はいつも理容室のオヤジが教えてくれます。 週に1、2回程度ならどこかへ出かけられても、ほとんど毎日の外出は不可能。 そんな人達は仕方なく!?こうしています。 

  • 自分ができるボランティアに登録&参加する
  • 毎朝キチンと家を出れるアルバイトを数時間する
  • 行きたくない図書館で自分ができるであろうビジネスを模索する
  • 出版しないであろう本、自伝などを書く
  • ネット検索しながら半日を過ごす

 どうですか?  上記はアナタにもできそうですか? 

もし、それらもムズカシイのなら、毎日ように早朝からの散歩をする、そんな仲間に入ってしまうでしょう!? でも&しかし、ただ歩くだけやスポーツジムの練習だけでは超飽きてしまいます。※経験者は語る 

特にコロナ過ならジムのトレーニングもなぁあ、、ですよね? そうなら自転車(ロードバイク)をおススメします!!! 前輪を外した自転車を車に積み込み川沿い、湖沿い、山岳道路、農道周辺、海沿いの道をただただ光と風を感じながら走る、きっとはまります、とても強く&深く! 

車に釣り道具やマチュア無線など積んで出かける人もありますが、どれも大きな大気を感じられません、躍動感がありません、運動になりません。※個人の意見 年配になればなるほどに自然と大気を感じられる運動をしなさい、そう69歳からも言われました。 やはり、何をどうするにしても車が必要だと感じませんか? 

⇒ 日本最大の最新在庫4万台からロードバイクや何にでも使える軽ワゴンをチェックして見てみる【無料検索】

税金の安い車維持できれば何とかなる!

老後の色々な活動や趣味であっても、便利で安い車さえ維持していれば何とかなります。 

  • アナタが所有する車の維持費、経費が月平均でどれほどになるか計算する
  • 次に、日々の時間を有効もしくは楽しめる方法を探求&確定します
  • その方法に対して車が必要かどうか判断する
  • 最後は、目的に対して現在の車コストがペイしないのであれば、維持費の安い車にする

 その様にお考え下さい。 日本最大500店舗以上もあるガリバーで気になる車をチェックしてみる! 

次は、老後に所有するのは維持費の安い車にする、そのお話です。

お金を捨てることになる車種とは何か?

車のほぼ独り利用で普通車所有ならお金を捨てているようなものです。 理由は毎年5月の自動車税だけで数万円、燃費もそれほど良くない、高速料金も高い、駐車場も同様に高い。 それではお金が出て行くスピードに追いつけません。 車を軽自動車にするだけで、自動的に税金&維持費はこの様に大きく下がるのは間違いありません。 

  • 軽自動車は普通車に比べて税金関係は約1/3、
  • 軽自動車保険が安い
  • 場所によっては駐車場不要、
  • 高速道路料金も安い、
  • 燃費も良い、
  • 車検費用がとても安い、
  • メンテに必ず必要なオイル、タイヤ、バッテリー交換はもちろん、整備費用の安い、

 リスト項目にある車さえあれば、普通車維持より毎年10万円〜数十万円は安く上がる、それが軽自動車なんです。 車に限らず、保険や家の維持管理費用でも見なおすことで必ず費用を小さくできるモノがある、そうお考えください。 ロードバイク先輩達からこんな話も聞きました。 

  • 「年金は毎年少しずつ下がっている」
  • 「いつかもっと大きく年金は下がる」
  • 「健康保険の老人負担他が増えている」
  • 「健康でいないと、高額な老人ホームに入ることになる」

 そうコメントしてくれた先輩は、役人や銀行勤務だった人達でした。 この不安な時代では、毎月必ず出て行くお金は最小減にする必要がある、それをお伝えします。 

⇒ 日本最大ガリバーで最小限の車維持費ですむ軽自動車を確認して見る【無料検索】

新型コロナで激変する定年後の生活が超大変!?

新型コロナで若くても高齢でも仕事が消えつつあります。 アメリカ在住の友人も仕事なく、貯金もない、政府の補助金も切れてしまった、再開の見通しもたっていない、全てがアウトなんです。 日本もアメリカも世界中が不安の心で満杯です。 

そんな時こそ、軽ワゴン(商用含む)で自営業、そして何かの宅配などで生き延びるしかありません。 それはアナタだけではありません! 時間差こそあれ、とても多くの日本人も貧しくなっていくでしょう。 是非にも、何としても今を生き伸びて下さい! ⇒ 日本最大500店舗以上もあるガリバー最新在庫4万台から気になる長期保証の車をチェックしてみる! 

では、まとめです。

心の居場所を車にすれば生きられる!:まとめ

一番安い自動車税、燃費も良く、通行料金、駐車場料金、メンテナンス費用など全てが安い軽自動車であっても、毎月にすれば数万円は必要になります。 それが普通車であれば5万円前後もあるでしょう。 アナタの今とこれからに負担とならない車、維持費ペイする車を定義できれば、それに見合った趣味&行動(仕事含む)が可能になります。 

それら趣味&行動(仕事含む)でいつまでも元気に居て下さい!!! 

本日も最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。 

「探し物スリー!」でまたお会いしましょう!