中古車店ローン金利が高かすぎる理由:サムネイル

当記事がいつも検索上位ページにあるのは多くのアナタ様に読んで頂けているお陰です、それを心より感謝申し上げます!

記事には最新情報を盛り込み必要に応じてアップデートしております。

次にチェックして頂く際には最新情報満載で生まれ変わっているかもしれません。

ありがとうございます。

では、記事本番スタートです!

中古車買う段階でローン金利10%と言われたら、アナタは高いと感じますか? 

そう感じるアナタならOKです! 

もし、そう感じないアナタならば少しアウトです。 

理由は、国産新車ディーラー金利は3.5%(ホンダ)から4.9%(日産)、そして一番高い7.2%前後(トヨタ)などあり、それら金利が普通だからです。※トヨタは金利非公開なので想定金利 

そんな新車も中古車も、同じ信販クレジットがローン引受先なのに、どうして新車と中古では適用金利が違うのでしょうか? 

ナゼ中古車ローン金利だけが10%と高いのでしょうか? 

理由はこうです。※個人の意見含む 

新車販売よりもリスクある中古車販売なので、ローン金利10%にすることで少しでもリスクヘッジしたい金利10%から少しでも利益ゲットしたい、だからです。 

現実に新車販売利益は高く、中古車販売利益は低い、それは間違いありません。 

そんな中古車ローン金利10%にする理由が分かれば金利値引+車値引可能=車が安く買える、そうなるであろう、そんなお話をしていきます! 

読み時間3分がスタートします

中古車ローン引受先は信販会社しかない!

中古車店がアナタのローン引き受けてくれる訳ではありません。 

中古車店はローン引受先である信販会社にアナタを紹介するだけの仕事なんです。 

それって、俗に言う「口利きビジネス」、そうなります。 

ローン顧客を信販会社に紹介すれば手数料バックで必ず儲かる仕事、簡単に言えば紹介業」なんです。 

その事実を知ってください。 

そんな紹介業は別として、何故、中古車ローン金利だけが突出して高いのでしょうか? 

お伝えしていきます。

中古車店ローン金利だけナゼ高いのはナゼに?

中古車ローン(含む新車)は銀行など扱う正式ローンではない、簡単審査だけで誰でも借りやすいローン、だからローン金利高いとお考えください。※ここより中古車ローン=含む新車ローンとなります。 

中古車ローンの正式名は信販クレジット、簡単に言えば「クレジット=月賦払い=月賦販売」のことです。 

中古車で利用するローン信販クレジット月賦の意味です。 

  • 月賦は簡単審査なので、お金を貸す側(信販会社)のリスクが高い、※リスク=返済不能になる=貸し倒れになる
  • リスクが高い分だけ高金利にしてある ← ポイントです!
  • 信販会社は中古車店にローン顧客紹介手数料を払う
  • ローンには信販会社利益+ローン顧客紹介手数料=金利が高い ← ポイントです!中古車店は販売利益があまり多くない!?分をローン金利でも補っている

 中古車店ローン=月賦払いだからこそ5分審査で簡単&便利に使えますが、その代わりに金利が高くなります。 

そんな高金利以外に中古車ローンのデメリットはないのでしょうか? 

次でお伝えします。

車担保に取られるローン&取られないローンがある!

中古車ローンは動産である車を担保にするので、車検証名義が信販会社になることも知ってください。 

車が担保になるとはこんな意味です。 

  1. 中古車店で車を月賦(ローン購入する)購入
  2. 月賦を払い終えるまで車検証名義が信販会社となる
  3. 車検証名義が信販会社の期間はアナタの車ではない
  4. ローン支払完了までは車を売ることはできない

 これが銀行マイカーローンならこうなります。 

  1. 銀行マイカーローン審査期間は約5日間
  2. シッカリ審査する代わりに2~3%の低金利
  3. 車検証は初めからアナタ名義になる(車を担保に取られない)
  4. ローン支払途中でも自由に車売却できる

 そうであっても、簡単に使える新車や中古車店ローンが便利なことは間違いありません。 

そうなら車値引交渉した後は、必ずローン金利値引交渉も同様にしてもらってください。 

金利値引交渉するのは日本の常識、そうお考えください。 

ローン金利の値引交渉できる理由は、販売店ローンには必ず販売店利益(口利き利益=手数料)が入っているからです。 

それとは逆に銀行マイカーローンなら金利値引はできません。 

理由は、初めから低金利+保証人なし+車所有権までアナタにあるからです。 

車所有権が始めからアナタにあればローン支払い途中でも車売却ができる、そうなります。 

だ・か・ら、銀行マイカーローンだけ5日間の審査期間になる訳です。

交渉なしに金利値引は実行されない!

車でも金利でも値引要求をしなければ何も起こりません 

お店の言い値で購入するしかありません! 

新車には定価があるので、定価基準に値引交渉をします。 

逆に定価あるので値引交渉を一切しない、そう考える人たちも多くいます。 

それも人の考え方ではあります。 

デパートや高級店で値引する人はほとんどいない、それが常識と考えているのかもです。 

それと同時にローン金利も決まっているモノ、値引交渉できないモノ、そう考えている人が多いのも事実です。 

もし、そう考えているなら違います! 

特に定価が存在しない中古車ではそうなります。 

さらに、下記の理由も加わります。 

中古車店は車販売利益+ローン金利手数料の両方から利益をシッカリ得ている」、、、 

だから車値引き完了後に、金利値引交渉する必要がある、そうお考えください。 

中古車にもローン金利にも仕入れコストがあり、そのコストは販売価格(数字)より必ず低い、その論理です。 

そんな金利値引方法は後半にお伝えします。 

その前に中古車ローン金利だけが突出して高い理由を知ってください。

中古車店販売利益とローン金利の関係とは何か?

中古車には決まった仕入れ価格も販売価格も存在しません! 

景気や車需要、人気車&不人気車、車年式とコンディション等々によって仕入れ価格も販売価格も変動しています。 

厳密には「3~4週間単位で車オークション価格が下がっている」「値下がりしている」、それが中古車の現実なんです。※特定人気車は例外となります。 

※2022年9月現在は新車はもちろん、中古車不足で値下がっていません、それどころか値上がっています。

つまり、決まった販売価格設定も決まった利益率もありません。 そうなら勝手に決めた!?、

ローン金利10%とすることで、お店側には決まった利益が入ります。 

そして決まった利益(定価)である金利からは値引したくない、それがお店なんです。 

もし中古車がどんな値引攻勢に合おうとも、金利手数料さえ守れば損はありません、特定の手数料ゲットします! 

中古車販売利益を補う分としてローン金利は10%前後と高く設定されているんです。

中古車販売利益の実態とは何か?

よく中古車業界で言われるのが車仕入れ価格に25%や35%乗せて販売している、それです。 

中古人気車種なら利益を少なくしても短期間で多くの台数を売って儲ける。 

その話はバーで知り合った都内の中古車屋さんから聞いたことがありました。 

しかし、中古車販売は日々変動する仕入れ金額と販売金額によって利益率はいつも違います、変化してます。 

つまり中古車販売はこうなります。 

  1. 決まりきった仕入れ価格がない、
  2. 決まった販売価格もない、
  3. 安く仕入れたらその分を高く売る、
  4. 高く仕入れたら、少しでも利益を取れる価格で売る、

 だから、中古車販売以外の利益が欲しい、金利10%から提供される手数料をゲットしたい、そうなります。 

そうであっても車購入では金利値引してもらいたい、安く買いたい、それが我々です。 

では、金利値引交渉で何をどうするかお伝えします。

ローン金利コスト想定できれば値引に使える!

中古車店がアナタをローン顧客として信販会社に紹介する際の利益想定(手数料)さえできれば、金利値引交渉が進められます。 

記事冒頭に、中古車ローンは信販クレジット月賦払い(月賦販売)、そう書きました。 

そして中古車店はローン顧客(信販クレジット)を信販会社に紹介するだけの窓口として存在しています。 

中古車店はローン顧客紹介をするだけで信販会社から手数料がもらえます。 

では中古車店はローン金利10%から何%のローン客紹介手数料を信販会社からもらえるのでしょうか? 

まず各ローンの金利違いから想定してみます。 

  • ディーラーローン金利3.5%~7%(キャンペーン時の金利3.5%~5%)
  • 中古車店ローン金利9%~10%※ガリバーのみ金利9%
  • 銀行マイカーローン金利2.5%~3%前後

 上記想定(ほぼ正しい!?)から、こう考えます。 

  • ディーラー&中古車店ローン引受先は信販会社
  • 信販会社の資金調達コストは銀行マイカーローンより高いと考える
  • 銀行資金調達コスト1.0~1.2%と考えれば、信販会社コストは+0.5~1%と想定する
  • 従って信販会社の資金調達コストは1.5~2.0%前後となる

 上記から推論すると、ディーラーは2%~3%前後の金利手数料もらい中古車店は5%前後の金利手数料を信販会社からもう、そう考えます。 

それら手数料%は下記によっても変わってきます。 

  • 信販会社毎の資金調達コストの違い
  • 信販会社毎の手数料設定の違い
  • 信販会社と中古車店との取引金額の違い
  • ディーラーと中古車店のローン金利設定の違い

 そうであっても「中古車店ローン金利にはシッカリとした手数料収入がある」、それは理解して頂けたのではありませんか? 

では実際の金利値引交渉に入りましょう。

中古車店ローン金利値引タイミングと方法とは何か?

車に何台も試乗して、これはと思った1台に絞り込めたら車値引き交渉を開始します。 

車両値引+納車や車庫証明費用など可能な限りコストカット&ゼロにした後にローン金利値引開始! 

アナタが金利値引5%などを言えば、とても驚いた表情をする営業マンの顔が目に浮かびます!? 

きっと営業マンは、こんなコメントするでしょう。 

  • 中古車だからローン金利高いのは仕方ないんです(仕入後の整備コストあるので)
  • 新車販売は儲かるから少し低金利ローンでも、中古車は保証多くコストがかかる
  • 車値引+金利値引では儲かりません、販売できません

 上記は予想範囲にある普通の受け答えです。 

そんなワンパターンな営業トークなら、こう切って返してださい。 

「金利安ければ御社の信販クレジット使おうと思ったけど、安くならないなら金利2%か3%の銀行マイカーローンにするよ」 

「銀行マイカーローンなら審査完了まで5日かかるので、また来月か再来月にでも来ます」 

この一言、二言で金利は下がります。 

アナタの言葉で中古車店がローン金利を下げる理由はこうです。 

  1. 他店で車を買われてしまうかもしれない
  2. もし当店で購入してもらえても、売上は来月か再来月になってしまうだろう※毎月20日前後までに販売できれば当月内の売上実績になる
  3. 車を気に入ってもらえている間に金利値引してでも売ろう

 中古車店に限らず、販売最前線の営業マンには必ず販売ノルマがあります。 

それも毎月20日過ぎると月末迄の売上、上司と約束した月間販売台数クリアでるかどうかが不安でたまりません。 

従って「アナタが中古車店で値引交渉するなら20日過ぎに行って月内納車してもらいたい、その意思を示せばもっとメリットがある」、そうお考え下さい。※中古車ならローン手続き含め約1週間で納車可能 

それでもOKしない中古車店なら、新車でも中古車でも使える銀行低金利ローン(2~3%)があります。 

更に、新車でも中古車でも維持費まで借りられるのが銀行マイカーローンなんです。 

そろそろまとめですが、その前に1つお伝えします。

中古車店ローン金利値引の金銭感覚とは何か?

車購入なら数十万円、100万円単位の購入金額もあるでしょう。 

そんな高額商品を買うのならネット検索で車種選考、価格比較、販売店での試乗もあります。 

そして、最後は車両価格とローン金利含めた値引交渉となります。 

そんな時に思い出し欲しいのはアナタご自身の「給料や時給」です。 

高額な車では千円単位が小さく感じられても、千円単位を意識する値引交渉お願いします。 

もし、1万円値引が難しいと言われれば、5千円でも値引してもらってください。 

ローン金利もそれと同じです。 ローン元金、金利、借入期間にもよりますが、金利1%の違いがローン期間長さによって10万円どころか20万円差にもなる、大きく損するかもしれません! 

従って、中古車店ローン金利での値引交渉2~3%は絶対です。 

⇒ ローン金利が10%から9%に値引されているガリバーをチェックしてみる【検索無料】 ガリバーの通常ローン金利は10%でしたが、2021年に9%へと引き下げられました。 

それが銀行マイカーローンなら元々が低金利なので金利値引交渉できない=しなくても済みます。 

アナタは審査5分で簡単な中古車店ローンと約5日間ほどかかる銀行マイカーローン、どちらを選びますか? 

まとめ前に、もう1つだけお伝えします。

金利値引交渉するメリットはとても大きい!

アナタは心が優しい人であっても、人と話すのが少し苦手であっても、定価が存在しない中古車とローン金利では値下交渉してください。 

アナタが一度でも値引交渉の場に身を置けば、そのメリットを感じない訳がありません。 

もし、ローン金利値引交渉に1時間かかったとしても、金利10%から7%や6%になれば時給が数万円の仕事をしたのと同じになるかもしれません。 

それはメリットと言うより、高額バイト、大儲けになる、だからです。 

そんな金利値引交渉する雰囲気と味を一度でも覚えたなら、またそうしたくなるでしょう。 

だから私は、高額な家も、車も、電化製遺品も。全て値引交渉をしてきました。 

だって、数万円どころか10万円、数十万円以上、家なら100万円単位も下げられる、それは得でしかありません、魅力でしかありません! 

そんな値引の手始めに車ローン金利の値引交渉にトライしてください!

 ⇒ 日本最大ガリバー最新ローン金利9%を更に値引いてもらう!【値引交渉無料】 

4年ほど前、都内にあるガリバー最大店をインテビューした際にこう言われました。 

通常ローン金利10%ですが車買って頂けるのなら金利値引も可能です」 

従って、アナタが交渉さえすれば、アナタの交渉次第では今の金利9%を8%や7%にしてもらえる、そうなります。 

それを目指し頑張ってください。 

では、まとめです。

中古車店の高過ぎるローン金利10%のナゼに?:まとめ

私は最近、大型冷蔵庫値引で頑張りました!? 

多くの販売店で28万円前後の冷蔵庫を消費税込23万円+20000ポイント+長期保証、それでゲットできました! 

これが車なら、数万円値引どころか、5万円、10万円など普通であり、15万円以上なら上々の出来、そんな感覚でしょうか?※値引金額は対車両価格によります。 

アナタが購入する愛車には車両本体+金利値引は絶対です! 

さらに保証期間延長サービスもゲットして下さい! 

そうすれば、そうできれば、アナタはきっと良い新年を迎えられる、そうなるでしょう! 

本日も最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございました。 

また、「探し物スリー!」でお会いしましょう!

●『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・●

下取り見直しバナー

実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。

そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。

もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定