車購入直前でローンをどれにするか悩んでいるアナタへ1分でお伝えします。 全てを表にすることで一番分かりやすいローン比較をお伝えできます! ではスタート!

●なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは●

突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)

「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!

「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。

一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

車ローン選びは誰であってもムズカシイ

私が若い頃の車購入ではローンについて考えたこともありませんでした。 ローンはローン、それだけです。 しかし、車を何台も買い替えるうちに、仲良くなった車仲間にローンの種類と金利の話を聞いてビックリ! 理由はローン組む会社の違いだけで金利差がとても大きかったからです、支払い総額に大きな差があったからです。 

そこで直ぐに頭に浮かんだのは「たくさんお金を損してきた」「失敗した」、それしかありませんでした。 今回は金利が一番低い銀行マイカーローンと金利が高いディーラーローンを比較し、誰でも簡単に損得が分かるように心がけました。

ローン違いで金利差がこんなにある

金利の違いを確認してください。 

お金を借りる相手金利
銀行マイカーローン2%台~3%台
ディーラーローン(信販クレジット)4%台~7%台
中古車ローン(信販クレジット)10%前後

 こんな大きな金利差があれば、得するのは一番金利が安い銀行マイカーローンを選ぶしかありません。 それでも多くの人達が車購入の流れのままに金利が高いディーラーローンや中古車ローンを選ぶのは何故でしょうか? 理由はこうです。 

  1. ローン知識が無かったので、お店でススメられるままに組んでしまった(ディーラー&中古車ローン)
  2. 金利に対する知識がなかった
  3. 銀行マイカーローンの審査時間が長がかったので利用しなかった

 昔の私は理由1でした。 ただローン知識が無かっただけで金利分の10万円、20万円を損してしまったのかもしれません。 そんな銀行マイカーローン、ディーラーローン、中古車ローンを比較すれば何が得で、何が損になるかが簡単に分かるはずです。

銀行マイカーローンとディーラーローン比較

この表だけで各ローンの損得が一目で分かります。 車ローン損得比較

銀行マイカーローンディーラーローン中古車ローン
ローン金利2~3%台4~7%台10%前後
ローン支払回数(期間)数回~120回(10年)数回~84回(7年)数回~84回(7年)
ローン審査時間約10日間数分~1時間数分~1時間
借入難度
借入金の用途新車、中古車、維持費等新車、維持費等中古車、維持費等
保証人不要不要不要
※ローン平均支払回数48回(4年)48回(4年)48回(4年)
車所有権(名義)本人信販会社信販会社
ローン支払中の車売却可能不可能不可能

※ディーラーローン&中古車ローンは信販会社がお金を貸します。 各ローンでこんな大きく違う金利なら銀行マイカーローンを選びたいのは誰も同じです。 さらに銀行マイカーローンは「信用調査した人」にお金を貸すので、車所有権、車検証の所有者はアナタ自身です。 

従って、マイカーローン支払途中であっても、自由に車売却できます。 ディーラー&中古車ローンは人ではなく「モノ」を担保にお金を貸すので、車所有権、車検証の所有者は信販会社となりローン完済するまで売れません。 それなら銀行マイカーローンを選びたくても、借入難易度が高いのは何故でしょうか?

銀行マイカーローンは車ではなく人にお金を貸すシステム

銀行マイカーローンがムズカシイのは、お金をモノではなく人に貸すからです。 そんな銀行マイカーローン金利が低いのにはこんな理由がありました。 ローン金利が低い=信用ある人に貸す=定期収入(給与)がある人に貸す そんな信用がある人、定期収入(給与)がある人とはこうなります。 

  1. 20歳以上
  2. 勤務歴が半年以上や1年以上ある
  3. 来年卒業予定で就職内定者である
  4. 会社員、派遣、アルバイトで毎月給与をもらっている
  5. 住宅ローン以外の大きな借入金がない
  6. 借入返済履歴に問題がない(あっても1年以上経過している)

 これが銀行の求める信用だとしても、1の年齢以外は銀行ごとにYESやNOの判断&審査基準が大きく違います。 アナタが過去に銀行マイカーローン審査に落ちた経験があったとすれば、審査基準がとてもキビシイ銀行だった可能性があります。 そんな銀行の審査基準があまり厳しくない=甘い銀行なんてあるのでしょうか? あります!

都市銀行より地方銀行を選ぶには理由がある!

3大メガバンクなど都市銀行に個人がローン申込みをしてもキビシクNOの確率はとてもくなる、そう最初にお伝えします。※経験済 そんな都市銀行がダメでも、地方銀行ならOKになる理由がこれらです。 

地方銀行都市銀行
経営規模中小規模巨大
銀行収益状況とても悪いまあまあ
取引先法人から個人へシフト中大企業含め法人中心
ビジネス範囲地元中心国内&国外

 これら地方銀行のキビシイ経営か環境から、個人が借りるマイカーローン事業にとても力を入れている現状です。 従って地方銀行(各行によって大きく違う)の融資基準=審査基準はどんどん甘くなっている、それは間違いありません。 

さらに地方銀行間同士の貸し出し競争の激しさが審査基準に良い!?影響を与えています、甘い審査基準になってます。 そんな地方銀行マイカーローン審査がどうかはサイト確認すればすぐ分かります。 どの地方銀行でもネット簡単5秒診断でOKになれば、仮審査へ進めます。 そして仮審査でもOKなら、次の本審査もほぼ無条件でOKとなるので安心です。 

さらに仮審査OK段階で、1年間の猶予期間があるので休めます、使えます。 まとめ前に、地方銀行マイカーローンが借りられなくても「ディーラーローン」「中古車ローン」、それらも使えるお話です。

実はローン金利差は有って無いようなモノ

お手数ですが、記事冒頭にあった関連記事の再クリック願えますか? 関連記事には、ローン金額毎、ローン期間毎に、金利は2%~10%まであります。 実は、金利2%~10%まであっても、支払い総額差はそれほどでもないんです。 

理由は、ローン期間が短い+ローン金額が小さい(住宅ローン比較)、だからです。 端的には、銀行マイカーローン、ディーラーローン、中古車ローン、どれを選んでも金利による支払総額はそれほどは違わない、そうなります。 違いあるとすれば銀行マイカーローンのみ「車所有権」がアナタにある、それです。 従って、金利の一番低い銀行マイカーローン審査にパスしなくても、ディーラーや中古車ローンを使って損はない、そうなります。 

⇒中古車最大手のローン金利9%をチェックしてみる! ※他社は10%です。

では、まとめです。

【銀行マイカーローンVSディーラーローン】:まとめ

地方銀行マイカーローン金利が一番安く、そして借りやすくなっている現実をお伝えしてきました。 その地方銀行マイカーローン審査基準の中でも少し甘い、甘い、とても甘いの差があります。 従って、1つの地方銀行マイカーローンに通らなかったとしても、2つ目、3つ目とトライすることで審査に通る確率が大幅にアップします。 

さらに、審査時間が5日前後の銀行マイカーローン使わなくても、1時間~当日以内審査のディーラーや中古車ローンも使えます。 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。 

また、「探し物スリー!」でお会いしましょう。